ヘルマン・ゲッツの「じゃじゃ馬ならし」国内初演をキャッチ!──ゲッツ ピアノ五重奏曲

 ヘルマン・ゲッツ(Hermann Götz)という作曲家がいらっしゃいます。1840年にケーニヒスベルクに生まれ(カントと同じ!)、1876年にチューリッヒでお亡くなりになりました。ブラームス(1833-1897)と同年代の作曲家といえましょう。思うに、日本ではあまり有名ではないのでしょうか? 私がゲッツを知ったのは10年ほど前にベルリンフィルのコンサートマスターの安永徹さんや、ベルリンフィルのビオラ奏者のヴォルフラム・クリスト氏などが、来日されて室内楽のコンサートをもたれていたのですが、あまりに演奏がすばらしくて、東京、神奈川のコンサートをはしごしたのを覚えています。そのときに演奏されたのがこのゲッツのピアノ五重奏曲でした。ブラームス的なメランコリーにあふれた美しい楽曲です。

cpoレーベルでゲーベルトリオが録音した盤を聴いていますが、堅実な質感のいい演奏です。

そのゲッツのオペラ「じゃじゃ馬ならし」の日本初演が2009年1月17日、18日の両日、東京新国立劇場中劇場で行われます。東京オペラプロデュースのウェブサイトにて詳細をみることができるのですが、私は早速チケットをゲットしました。どんなオペラなのでしょう? 予習用CDも見つけました。楽しみです。

Goetz: Der Widerspenstigen Zähmung
Marcel Cordes, Hermann Goetz, Joseph Keilberth, Robert Heger, Bavarian State Opera Orchestra, Orchester des Bayerischen Rundfunks, Annelies Kupper, Paul Kuen, Waldemar Kmentt, Benno Kusche, Christel Goltz, Elisabeth Lindermeier, Gottlob Frick
Gala ( 2004-04-27 )
 

コメントを残す