歌手の声の種類と配役について その1 ソプラノ篇


散りかける桜の花のなかから美しいところを選んでみました。このレンズ、かなり絞らないとエッジが効かないんですが、少々暗めでしたので、絞りきれず、若干ぼやけた印象に見えるのが玉に瑕。カメラ道も厳しいです。


さて、先日読んだ堀内修さんの「ワーグナー」に声の種類と、それに応じた配役について、ワーグナーを例にとって詳細に説明してある大変秀逸な部分がありました。私の勉強をかねて、4日に分けてまとめてみたいと思います。


本日は第一回ということで、ソプラノ篇です。


スーブレット




非常に軽い声のソプラノ



  • <フィガロの結婚>スザンナ

  • <バラの騎士>ゾフィー

  • <リエンツィ>平和の使者

  • <タンホイザー>若い牧童

  • <ラインの黄金>ヴェルグンデ


リリック・コロラトゥーラ・ソプラノ




非常に高い声でのコロラトゥーラがある。



  • <後宮からの逃走>ブロンデ

  • <ホフマン物語>オランピア

  • <ラインの黄金>ヴォークリンデ

  • <ジークフリート>森の小鳥


リリック・ソプラノ




もっとも自然な領域。高温も低音も均等に出せる。



  • <魔笛>パミーナ

  • <アラベラ>ズデンカ

  • <タンホイザー>若い牧童

  • <ラインの黄金>ヴェルグンデ


ユーゲントリッヒ=ドラマティック・ソプラノ




十分なやさしさ、やわらかさを持ちつつもう少し強さのあるもの。



  • <カルメン>ミカエラ

  • <オテロ>デズデーモナ

  • <エレクトラ>クリソテミス

  • <リエンツィ>イレーネ

  • <タンホイザー>エリーザベト

  • <ローエングリン>エルザ

  • <ニュルンベルクのマイスタージンガー>エヴァ

  • <ラインの黄金>フライア

  • <神々の黄昏>グートルーネ


ドラマティック・コロラトゥーラ・ソプラノ




振幅のある劇的な歌唱。コロラトゥーラもできること。



  • <サロメ>サロメ

  • <椿姫>ヴイオレッタ

  • <神々の黄昏>ヴォークリンデ


ドラマティック・ソプラノ




振幅の激しい劇的な歌唱。多くのオペラで主役となる。



  • <トスカ>トスカ

  • <ペレアスとメリザンド>メリザンド

  • <サロメ>サロメ

  • <タンホイザー>ヴェーヌス

  • <ローエングリン>オルトルート

  • <ワルキューレ>ジークリンデ

  • <神々の黄昏>第三のノルン

  • <パルジファル>クンドリ


ホッホドラマティッシャー・ソプラノ




強力な声で非常に激しく劇的な表現を行う。



  • <エレクトラ>エレクトラ

  • <さまよえるオランダ人>ゼンタ

  • <タンホイザー>ヴェーヌス

  • <ローエングリン>オルトルート

  • <トリスタンとイゾルデ>イゾルデ

  • <ワルキューレ>ブリュンヒルデ

  • <ジークフリート>ブリュンヒルデ

  • <神々の黄昏>ブリュンヒルデ


テオリン様や、エヴァ・マルトン、ヒルデガルド・レーベンスは、間違いなくホッホドラマティッシャー・ソプラノですね。上の表にはありませんが、トゥーランドットもこちらに分類されるはず。フレミングはユーゲントリッヒ=ドラマティック・ソプラノに分類されましょうかね? 「ばらの騎士」マルシャリンや、「カプリッチョ」伯爵夫人マドレーヌはこちらかと。


ソプラノと行っても一言じゃ言い表せませんね。メゾとコンバートすることもありますし。


明日は、メゾ・アルト篇です。

コメントを残す