歌手の声の種類と配役について その4 バス・バリトン篇


これで、もう最後でしょうか。桜の写真。来年も良い桜が見られると良いですね。


昨夜は、会社でお世話になった方が5月に異動になるということで送別会に行って参りました。生まれて二回目のふぐ料理でした。


さて、今日で声と役についての記事は一段落する予定。とはいえ、もう少し突っ込みたいところがあるので、後日また研究テーマとして取り上げると思います。


バス・バリトンは、ワーグナーオペラでは大変重要な役柄です。ヴォータン、グルネマンツなどなど。というわけで、また堀内修さんの本からの引用でまとめます。


リリック・バリトン




テノールに比較的近く広域も伸びる。


  • <コジ・ファン・トゥッテ>グリエルモ

  • <ファウスト>バランタン

  • <タンホイザー>ヴォルフラフム・フォン・エッシェンバッハ

  • <ローエングリン>軍令使


カヴァリエ・バリトン




その名のごとく騎士のバリトンの意味。声に輝きがあり主役的なバリトン。


  • <ドン・ジョヴァンニ>ドン・ジョバンニ

  • <エフゲニー・オネーギン>オネーギン

  • <タンホイザー>ヴォルフラフム・フォン・エッシェンバッハ


キャラクター・バリトン




個性的表現ができるバリトン。


  • <トスカ>スカルピア

  • <シモン・ボッカネグラ>パオロ

  • <リエンツィ>オルシーニ

  • <トリスタンとイゾルデ>メロート

  • <ニュルンベルクのマイスタージンガー>フリッツ・コートナー

  • <ラインの黄金>アルベリヒ

  • <ラインの黄金>ドンナー

  • <ジークフリート>アルベリヒ

  • <神々の黄昏>アルベリヒ

  • <神々の黄昏>グンター

  • <パルジファル>クリングゾル


ヘルデン・バリトン




低域が充実し起伏を表現するバリトン。


  • <メディア>クレオン

  • <アラベラ>マンドリカ

  • <さまよえるオランダ人>オランダ人

  • <ローエングリン>フリードリヒ・フォン・テルラムント

  • <トリスタンとイゾルデ>クルヴェナル

  • <ニュルンベルクのマイスタージンガー>ハンス・ザックス

  • <ラインの黄金>ヴォータン

  • <ワルキューレ>ヴォータン

  • <ジークフリート>さすらい人

  • <パルジファル>アムフォルタス


キャラクター・バス




比較的高音もあり幅広い表現が可能なバス(バス・バリトン)


  • <トロヴァトーレ>フェランド

  • <フィデリオ>ロッコ

  • <リエンツィ>コロンナ

  • <さまよえるオランダ人>ダーラント

  • <タンホイザー>ビテロルフ

  • <タンホイザー>ライマル

  • <ラインの黄金>ファーゾルト

  • <ワルキューレ>フンディング


セリエーサー・バス




最低音域の深い声と存在感のあるバス


  • <魔笛>ザラストロ

  • <ドン・カルロ>フィリッポ

  • <タンホイザー>領主

  • <ローエングリン>ハインリヒ王

  • <トリスタンとイゾルデ>マルケ王

  • <ニュルンベルクのマイスタージンガー>ポーグナー

  • <ラインの黄金>ファーゾルト

  • <ラインの黄金>ファフナー

  • <ワルキューレ>フンディング

  • <ジークフリート>ファフナー

  • <神々の黄昏>ハーゲン

  • <パルジファル>グルネマンツ

  • <パルジファル>ティトレル

コメントを残す