ペーター・シュナイダーの指揮

昨日に引き続き、フォークトの音源から。
 
ヘルデン
ヘルデン
posted with amazlet at 12.05.31
フォークト(クラウス・フロリアン)
SMJ (2012-04-25)
売り上げランキング: 1087

今日はペーター・シュナイダーの指揮について。

ペーター・シュナイダーの指揮

 

このアルバムの特筆すべき最大の素晴らしさはなんでしょうか。

フォークトの澄んだ声のバックがペーター・シュナイダーの指揮によるものであるということでしょう。

ペーター・シュナイダーのオケの歌わせ方は、とにかく柔らかく軽やかなのです。この空気のようにも思える絶妙な音作りがたまりません。

 

これだけで終わると、誤解が生じるでしょう。

 

こうした、柔らかさとか軽やかさは、歌の伴奏、あるいはオペラのオケとして、一つの意味ある価値だと思うのです。

とにかく、空間感覚をひたひたと満たしているのですが、きちんと歌手を盛り立てているのですね。

 

この感覚は、私が2007年に新国立劇場で見た「ばらの騎士」の時も感じたことです。

 

そのときは歌に感動しているように思うのですが、思い返すと、オケが絶妙だったり、歌わせ方、テンポの取り方が素晴らしいなあ、と。

で、結局はシュナイダーの掌中にいたんだなあ、と気づかされてしまうという感じです。

 

ここまでのサウンドをいつで味わさせてくれるなんて、すごいと思います。

 

今回の新国立劇場でのシュナイダーの指揮が本当に楽しみでなりません。

付録:シュナイダーのおすすめ公演

ローエングリンも見ました&聴きましたが、私はこの音源が一番好きです。2009年バイロイトの「トリスタンとイゾルデ」ですかね。

私は、この映像をバイロイト音楽祭のオンデマンドで見ました。ブルーレイは見たことはないです。

イゾルデを歌うテオリンがカッコイイですよ。

 

過去記事一覧

そのほかのシュナイダー関連の記事はこちらです。よろしければどうぞ。

また泣かされた──シュナイダー指揮の「ばらの騎士組曲」

またまた涙する──ペーター・シュナイダー/ニーベルングの指環

弛まず倦まず──シュナイダー「トリスタンとイゾルデ」

バイロイト音楽祭/ワーグナー「トリスタンとイゾルデ」第二幕&第三幕

続 バイロイトの「トリスタンとイゾルデ」を

シュナイダー!!

 

それでは。You have.

0

★x4:美声にもほどがある──フォークト「ヘルデン」その1

はじめに

新国立劇場6月のパフォーマンス「ローエングリン」で、ローエングリンを歌うのがクラウス・フローリアン・フォークトです。

http://museum.projectmnh.com/2012/05/21220422.php

先日もご紹介しましたが、この方のアルバムを購入しました。

 

しかし、すごい方です。フォークト。

めちゃ声がきれいですね。若者若者している声です。

最初聴いたときには少し引いたのですよ。ここまで、きれいだと、なんだか箸にも棒にも、という感じで。

ですが、二回目聴き終えたときに、いや、これがいいのだ、と得心しました。

辻邦生理想論

話は少しそれるのですが、1999年に私が敬愛する辻邦生(小説家)が亡くなったとき、追悼記事が出ました。

趣旨としては、「辻文学は理想を求めすぎているからダメだ、という意見があるが、そうではない。今の日本文学には理想がなさ過ぎるのだ」というものでした。

ついつい世の中を泳ぎ渡ると、濁り水にも慣れてくるものですが、こういう清澄な歌声で癒されるのも良いものだと思います。

あるいは、このアルバムで定期的に洗浄しないと、どんどん汚れてしまう気もします。

歌い方など

やはり、ローエングリンが気になりますね。四曲目に、第三幕から「名乗りの歌」が入っていますが、これは本当に良い予習です。、マイスタージンガーかrの「朝はばら色に輝き」も良いですね。

ワルキューレでジークムントが歌う「冬の嵐が過ぎ去り」は、少し違和感がありました。どうもジークムントは、こんなに純粋な声の持ち主だとは思えない気がするのです。人間的にはドロドロで、終いには、妹であるジークリンデを愛してしまう、という英雄ですので。世の芥を知り尽くし疲れ果てているのがジークムント、みたいな。

これは、私の完全な主観ですけれど。

歌い方、入りのところを少し力を抜くのですが、そのあとスッと力をかけて、巧く離陸する感じの歌い方です。これが、なにか柔らかさとかすがすがしさの厳選の一つだな、と思います。

 

明日は、指揮のシュナイダーのことを書きます。

それでは、You have.

0

★x4:ゲオルギューの「ボエーム」

今日からまた仕事ですが、そろそろ次を視野に入れていかないとと思う今日この頃。

今更ながら届いた、ゲオルギュー&アラーニャ&シャイーの「ボエーム」、第一幕後半を取り急ぎ聴きました。

ファースト・インプレッションですが、いやあ、すごいですわ。。びっくり

 

ゲオルギューは芯のあるパワフルな声で、アラーニャも負けじと強靱でビリビリ震える声。

先日のアバドが振ったヴェルディ「レクイエム」も良かったけれど、ボエームも予想通り。

http://museum.projectmnh.com/2012/04/14232328.php

このCD、amazonのマーケットプレイスで買ったんですが、あたりでした。

カラヤン&パヴァロッティ よりも、ずっとエキサイティングな気がします。

いまは、ですが。

 

聴いてみて損はないと思います。

四つ★にします。

 

ゲオルギュー、結構忙しいようですが、最近もドタキャンしているのかしら。。そっちの情報も集めないとなあ。

http://operabase.com/listart.cgi?name=Angela+Gheorghiu&loose=on&acts=+Schedule+

 

さて、先日から、ゲオルギューが言い寄る男をつめたくあしらう姿を想像して、一人で笑っています。

こんな感じ。

 

A.G 「で、あなたは何が出来るの?」

Someone 「僕は、詩を書きます。詩人なんです」

A.G 「私も詩は好きよ。でも、あなたの詩が歌になる頃は、とっくに私はもう引退しているわね」

※フィクションです。実在の人物とは関係ありません

アラーニャとは2009年に離婚しているそうです。こちらも残念。

それでは。You Have.

0

ローエングリン ディスコグラフィ 更新しました。

ローエングリン ディスコグラフィ、更新しました。

<更新履歴>

2012/5/27 バレンボイム盤、ヤノフスキ盤を追加。

http://museum.projectmnh.com/2012/05/23231723.php

名作オペラブックスの発売がいまから22年前の1990年ですから、それ以降の録音はこれから押さえに行かないといけないです。それをどれほど入手できるか。。がんばろう。

photo


今日は故あって母校へ。10年ぶりぐらいに構内に入りましたが、思った以上に体がなじんでいて驚きました。木々の生え方、図書館の匂い、絨毯の幾何学模様などなど。

時代の変遷で、教職員や学生は入れ替わっていますし、建物もずいぶん様変わりしていましたが、変わらないものもやはりあり、懐かしく思います。

というか、若いころに経験したものほど、人生の中で想起する時間が長いわけで、それだけ重みのあるものなのでしょう。

これは若い頃に聞いてはいたことですが、体験することはできなかったことです。

時が経つのが速くなるのは、経過時間÷自分の年齢が徐々に小さくなっていくので、時間あたりの人生における重要性は、反比例グラフのように弧を描くことになります。

そういう「小さな」時間をいくら費やしても、若い頃の「大きな」時間に勝ることはないのかもしれません。

とはいえ、止まっているわけにはいかんでしょう。これからは、これまで以上に長い時間をかけて積み重ねなければ、なにをもなしえないでしょう。がんばらんとなあ。

などなど。。

image

 

それでは。You have.

0

演出家マティアス・フォン・シュテークマン

先だっての5月24日のジャパン・タイムズに「ローエングリン」公演の記事が載っていました。演出のマティアス・フォン・シュテークマン氏の紹介とインタビュー記事です。

http://www.japantimes.co.jp/text/ft20120524a1.html

私は、ほうぼう探し回ったのですが、通勤経路ではジャパンタイムズを探し出すことができず、帰宅してネットでゲットしました。

左がシュテークマン氏です。右はノヴォラツスキー元オペラ芸術監督です。

シュテークマン氏は日系の方です。お母様がバイロイトで歌っておられたとのこと。日本人として初めてバイロイトの合唱に加わった方なのだそうです。

毎日新聞にもそのあたりのことが少し言及されていました。

http://mainichi.jp/enta/news/20120515dde012200011000c.html

これも、随所で紹介されていますが、1997年に新国立劇場で上演された「ローエングリン」の演出にも関わっていました。このときの演出は、ヴォルフガング・ヴァーグナーで、作曲家リヒャルトの孫に当たる方です。シュテークマンがはヴォルフガングの影響を大いに受けたのだそうです。

今回の演出に関しては、私の超意訳だと、以下のようなことをおっしゃっています。

「オペラが意味を持って生き続けるためには、オペラは常に変わり続けるものでなければならないわけです。ワーグナーは神話的ですが、舞台上のオブジェであたり、衣装であったり、最新の照明などを使って、現代的な意味を加えた新たな神話世界を作り上げる必要があるわけです。それは、ワーグナーの作ったオリジナルな世界を妥協し損なうようなこともなく、また、音楽との融合を損なうようなこともなく、現代に生きる我々にとって興味深いものとなるでしょう。」

シュテークマンは、日系人ということですので、毎年のように日本を訪れておられるとのこと。バイロイトで育ったシュテークマンは、最高の音楽的環境に身を置いてきたわけですが、それでも一番の友人は日本人であったりと、日本とのつながりを年々自覚しておられるようです。

というわけで、ますます楽しみになってきた「ローエングリン」です。

公演の詳細はこちらが詳しいですよ。そうか。Ottavaとコラボってるのか。。

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/classic_concierge/2012/201/

0

今更金環日蝕

遅れましたが、あえて遅らせました。金環食の写真撮影をしましたので、よろしければどうぞ。

 

欠けはじめ

_MG_4850_Croped

まずは、欠けはじめ。

とはいえ、断続的に曇ったりしてなかなかみることができませんでした。

月の左下、ゴミみたいな黒い点がありますが、これは、黒点です。当然肉眼で見るのは初めて。

金環

私は、ここでミスを犯していました。本来であれば、ここで露出補正をするべき何です。たんなる露出補正ではなく、マニュアルでシャッタースピードを変えるべきでした。世紀の失敗。

金環食2

金環食の最後

 

_MG_4927-001

それから徐々に復帰していきました。黒点がすごいなあ。

 

今日はネルソンの1982年バイロイトでの録音を集中的に聞いていました。ライヴなので少し傷があるかも。でも、尖鋭さを感じる、メリハリある演奏で、楽しいです。

0

神々のあとに神が来た。




人物相関図の回にもすこし触れましたが、オルトルートのセリフの中に、ヴォータンとフライアの名前が登場します。両者とも「ラインの黄金」に神々の一員として登場するわけですが、特にヴォータンは神々の長として、主人公といってもいいほど重要なキャラクターです。

オルトルートは、キリスト教化後にあってもまだ古い神々への信仰を持っているようです。妖術使いとも魔法使いともいえるキリスト教社会における異端的な存在です。

先日見た1997年の新国立劇場における映像では、最後の場面に登場するオルトロートは、いかにも「異教徒」的な装飾品を身につけていました。

オルトロートはどう見ても悪役です。が、彼女が、旧来からの神々を信仰するとしたら、彼女は侵略を受けた被害者と言うことになるでしょう。

どうも、ローエングリンにおいては、無反省に受容するとキリスト教的史観に身を委ねてしまいがちです。ローエングリンやエルザこそが正義であると。実のところ、それは一方からしか眺めているだけなのでしょう。

旧来の信仰と新たな信仰のせめぎ合いは、昔読んだ手塚治虫の火の鳥太陽編を思い出します。あそこでは、神道の神々と仏教の神々の生々しい対立が描かれていました。両者が並立していることに慣れた中学生だった私には目から鱗が落ちる思いでした。

当然同じような生々しい出来事が古代ヨーロッパにもあったでしょう。

ニーベルングの指環の神々のあとの時代とはなにか、という問いかけけですが、私は貴族階級から中産階級への権力移行がモデルである、と考えていました。

ですが、先日の予習で、神々のあとにきたのは、キリスト教世界であったとも言えるでしょう。素直に考えるやり方もあります。

この辺りの議論は、とかく不毛になりがちです。すべての議論は正しく、そして誤りであるという状況です。

0

ローエングリン ディスコグラフィ 第一版

<更新履歴>

2012/5/27 バレンボイム盤、ヤノフスキ盤を追加。


ローエングリン ディスコグラフィ 第一版 ということで、音楽之友社から出ている名作オペラブックス「ローエングリン」を参考にディスコグラフィを作りました。

一旦は1950年以降に録音された音源としました。

ただ、この本は1990年に出版されたものですので、最新の録音や映像作品は網羅されていません。

このあたりは、随時追加していきます。

CDのリンクはこの後張っていく予定。しばしお待ちください。

 

Year 指揮者 合唱 管弦楽 ローエングリン エルザ テルラムント オルトルート ハインリヒ王 伝令 Amazon
1950 シュティードリー メトロポリタン歌劇場Cho メトロポリタン歌劇場 メルヒオール トラウベル ヤンセン ヴァルナイ エルンスター ゲレラ
1951 ケンペ バイエルン国立歌劇場CHO バイエルン国立歌劇場 ヴィンセント シェッヒ ベーム クローゼ ベーメ ヴォルフ
1951 クラウス ケルン西部ドイツ放送CHO ケルン西部ドイツ放送 アンデルス アイペルレ クローネンベルク ブラウン グラインドル アンブロジウス
1953 シュヒター ハンブルク北西ドイツ放送 ハンブルク北西ドイツ放送 ショック クーニッツ メッテルニヒ クローゼ フリック ギュンター
1953 ヨッフム バイエルン放送Cho バイエルン放送管弦楽団 フォーエンベルカー クッパー フランツ ブラウン フォン・ローア ブラウン
1953 カイルベルト バイロイト祝祭Cho バイロイト祝祭 ヴィントガッセン シュテーバー ウーデ ヴァルナイ グラインドル ブラウン
1954 ヨッフム バイロイト祝祭Cho バイロイト祝祭 ヴィントガッセン ニルソン ウーデ ヴァルナイ アダム フィッシャー=ディースカウ
1954 サンティーニ ナポリ・サンカルロ劇場Cho ナポリ・サンカルロ劇場 ペンノー テバルディ グエルフィ ニコライ ネリ 歌手名不詳
1955 バンベルガー フランクフルト市立歌劇場 フランクフルト市立歌劇場 リーブル グラーフ クンツ シュロスハウアー ヴォロフスキー クンツ
1958 クリュイタンス バイロイト祝祭Cho バイロイト祝祭 コーンヤ リザネク ブラン ヴァルナイ エンゲン ヴェヒター
1959 マタチッチ バイロイト祝祭Cho バイロイト祝祭 コーンヤ グリュンマー ブラン ゴール クラス ヴェヒター
1960 マゼール バイロイト祝祭Cho バイロイト祝祭 ヴィントガッセン ノルドモ=レーヴベルク ナイトリンガー ヴァルナイ アダム ヴェヒター
1962 サヴァリッシュ バイロイト祝祭Cho バイロイト祝祭 トーマス シリヤ ヴィナイ ヴァルナイ クラス クラウゼ
1962/1963 ケンペ ウィーン国立歌劇場 ウィーンフィル トーマス グリュンマー フィッシャー=ディースカウ ルートヴィヒ フリック ヴィーナー
1965 ラインスドルフ ボストンプロムジカ ボストン響 コーンヤ アマラ ドゥーリー ゴール ハインズ マーシュ
1965 サヴァリッシュ プラハフィルCho スカラ座 トーマス ビョーナー ナイトリンガー ヴァルナイ クラス クラウゼ
1968 スワロフスキー ウィーン国立歌劇場 プラハフィル シャハトナイダー キルシュタイン イムダール ヘッセ フォン・ローア ヘルム
1970 クーベリック バイエルン放送Cho バイエルン放送 キング ヤノヴィッツ スチュワート ジョーンズ リッダーブッシュ ニーンシテット
1975/81 カラヤン ベルリン・ドイツ・オペラ ベルリン・フィル コロ トモワ=シントウ ニムスゲルン ヴェイソヴィッチ リッダーブッシュ ケルンス
1982 ネルソン バイロイト祝祭Cho バイロイト祝祭 ホフマン アームストロング ロール コネル フォーゲル ヴァイクル
1985 ショルティ ウィーン国立歌劇場 ウィーンフィル ドミンゴ ノーマン ニムスゲルン ランドヴァ ゾーティン フィッシャー=ディースカウ
1978 サヴァリッシュ バイエルン国立歌劇場CHO バイエルン国立歌劇場 コロ リゲンザ ローア ランドヴァ リッダーブッシュ ブレンデル
1981 アバド ミラノスカラ座cho ミラノスカラ座 コロ トモワ=シントウ ニムスゲルン コネル ハウクラント ヴェルカー amazon 取り扱っていない模様(2012/5/27)
1982 ネルソン バイロイト祝祭Cho バイロイト祝祭 ホフマン アームストロング ロール コネル フォーゲル ヴァイクル
1995 アバド ウィーン国立歌劇場 ウィーンフィル エルサレム スチューダ

1998?

バレンボイム ベルリン国立歌劇場 ベルリン国立歌劇場 ザイフェルト マギー シュトルクマン ポラスキ パペ トレッケル

2011

ヤノフスキ ベルリン放送合唱 ベルリン放送交響楽団 フォークト ダッシュ  

 

※ 注文していた「ヘルデン」が届きました。いやあ、心洗われます。

 

それでは。You have.

0

フォークトの最近の活躍状態

今日の関東地方は一転して寒い一日でした。夜の雨が冷たいです。このまま涼しい夏を期待したいところです。

今日も予習をすすめています。昨年のバイロイトの「ローエングリン」を見ているのですが、フォークトの声は本当に若々しく、衒いも憂いもないですね。

こちらがフォークトです。

さて、昨日取り上げたフォークトの最近の活躍の状況を調べてみました。

2008年2009年シーズンから、2012年2013年シーズンまでの5シーズンの実績と予定です。

以下のサイトからの引用です。

http://www.operabase.com/listart.cgi?name=Klaus+Florian+%5BVogt%5D&acts=+Schedule+

image

やはりローエングリンが圧倒的です。ついで、「ニュルンベルクのマイスタージンガー」のワルター。「さまよえるオランダ人」のエリック、「パルジファル」のパルジファル、「死の都」のパウルと続きます。現代畢竟のローエングリン歌いというところでしょうか。

指揮者では、セバスティアン・ヴァイグレとの共演が目立ちます。5回ほど共演していますね。これはバイロイトでの「ニュルンベルクのマイスタージンガー」で2008年から2010年の3年があったからでしょう。

以下のサイトからの引用です。

※ Operabaseはすごいです。

※ ちなみに、今年のバイロイトもやはりフォークトとネルソンスですね。

http://www.bayreuther-festspiele.de/fsdb_en/besetzung/2012/3/14965/index.html

それでは。You have.

0

新国立劇場「ローエングリン」タイトルロール、フォークトの記事が朝日新聞夕刊に。

今日はこの時間でも故あって家におりまして、カミさんと食事しながらNHK-FMでギュンター・ヴァントのベト4などを聞いておりました。

で、食事後に、カミさんが夕刊を読み始めたのでした。最近の夕刊は紙面が少ないく、なんだかなあ、と愚痴をいうこともあるのですが、今日ほど夕刊を取っていてよかったと思うことはありませんでした。

image

新国立劇場の6月公演「ローエングリン」で、タイトルロールを歌う、クラウス・フロリアン・フォークト氏のインタビュー記事が載っているではありませんか。カミさんも私もこういうのには弱いです。新国チケットとれていてよかったねえ、という感じ。

フォークとはまさに才能のある天才的な方なのですね。

10歳でホルンをはじめ、なんと19歳でハンブルク・フィルの採用されてしまう。で、25歳の時に義母(この方も歌手)に声の美しさを認められ、ホルンを続けながら歌手になってしまったというのですから。

欧州では結構人気があります。結構日本のブログでも取り上げられています。今回の初実演楽しみです。

この方も小型機を操縦するらしいです。個人的にはそこに激しくレスペクトです。

去年のバイロイト「ローエングリン」でもフォークトはローエングリンを歌っています。昨年のNHK-BSのバイロイト生中継で取り上げられましたので、今、予習で見直しています。みんなネズミ男になっている演出なんですが、このあたりもまた書きます。

こんなアルバムも出しております。興味津々。

それにしもて、さすが、新国立劇場。マーケティングもすばらしいです。

それでは。You have.

0