スター・ウォーズからコルンゴルトの交響曲へとさかのぼってみる。

先日紹介した、フランツ・ウェルザー=メストがウィーンフィルを振ったスター・ウォーズの音源ですが、今日も聞いていました。本当に病みつきになってしまった音源です。

で、先日も少しふれましたが、フランツ・ウェルザー=メストが何故この曲を選んだのか、という問題で、みなさん周知の通り、コルンゴルトつながりではないかと思います。
まず、ジョン・ウイリアムズとコルンゴルトの関係ですが、これもかつてご紹介してしますが、こちらの音源を聴いて見ましょう。

コルンゴルトのKings Rowという映画音楽のテーマです。スター・ウォーズのテーマにクリソツです。テーマはもちろん、第二主題まで同じ、エンディングに至る弦のパッセージまで同じ。ここまで似ていると、明らかに影響があると言えるでしょう。
ちなみに、出演はロナルド・レーガンです!
この音源は、私がたまたま持っていて、棚に長年眠っていたのです。買った理由は、15年ほど前にコルンゴルトが随分取り上げられたことがあったためだと記憶しています。私は未読ですが、みすず書房から《コルンゴルトとその時代》という本が出たのもこの頃でしたか?
そんななか手にとったのが、先日も少し触れたフランツ・ウェルザー=メストが振ったコルンゴルトの交響曲です。指揮はフランツ・ウェルザー=メスト。
この交響曲というのが、カッコイイのです。フランクリン・ルーズベルトへ捧げられた交響曲ということで、第一楽章は沈鬱な趣の中にありながらも、映画音楽に見られる華やかさが見られたり、調性を飛び越えるような旋律などは、コルンゴルトの映画音楽にある親しみ易さを超えた美しさがあると思います。第一楽章の第二主題は、実は第四楽章の主旋律に回帰します。循環形式的というかライトモティーフ的というか。
第二楽章はスケルツォ。私は、ホルストの《惑星》の中の《水星》を思い出しました。神経質な旋律が続きますが、その後、見晴らしが開けるように現れるホルンによる壮麗な旋律は、映画音楽にもでてくるもの。あ、これは、ジョン・ウィリアムズなんだ、と思います。
第三楽章は、フランクリン・ルーズヴェルトへの葬送曲です。バーバーの《アダージョ》も良いですが、こちらの悲しみに溢れた壮大さは一聴の価値があります。なんと例えればいいのか。映画音楽的、というとあまりに月並みです。
第四楽章は一転して明るい曲調。これまでは一体何だったんだ、という感じ。この唐突感、私はスター・ウォーズのエピソード6で感じました。最後のシーン、ウーキー族の酒宴で幕を閉じるのですが、これまでの壮麗で沈鬱なサーガの最後が、このどんちゃん騒ぎか、と違和感を感じていました。それとよく似ています。まったくここでもスター・ウォーズです。この第四楽章の主題が、第一楽章の第二主題ですね。フルートにとっては美味しい曲です。
というわけで、今日は少し長めに。明日も戦い。ではグーテナハト。

コメントを残す