Apple Music はTowerを倒すのか? その1 そもそもの懸念は払拭

スクリーンショット 2015-07-05 20.31.48

はじめに

昨日、Apple musicのサブスクリプションを開始しました。 私にとってはずいぶん刺激的な経験でした。この感覚は、iPodを初めて手にしたときとおなじ感覚、と思っています。

あの時思ったのは、それまで数枚のCDしか持ち運べなかったのが、何百枚というCDを持ち運ぶことができる、というコペルニクス的転回ともいえる感覚でした。数ヶ月にわたって、嬉々としてCDをせっせとiPodに取り込んだのを記憶しています。

そもそもの懸念

今回のApple Musicに関しては、あのiTunes Matchの件を考えなければなりません。Apple Musicの導入によって、自分のミュージックライブラリが破壊されることはないか、というそもそもの話です。

Apple MusicもやはりiTunes Matchのように、iTunesと自分のコレクションの音源をマッチさせて、iCloudに音源を取り込む機能があります。ですので、自分のライブラリが破壊されてしまう懸念があります。

iTunes Matchに関する悲痛な投稿を発見。そこから類推される悲劇とは?

この1年前に書いた悲劇の記事ですが、検証できないまま今日に至りました。これまで検証しなかったのは、さすがに3,980円を実験代金として費消することに抵抗があったからです。

ですが、現在は無料期間ですので実験できそうです。 巧く行かなければやめればいいのですから。

ということで、音楽全曲とiTunes ライブラリをバックアップして臨みました。

実験結果

ですが、Apple Musicをサブスクリプションしただけでは何も起きません。iCloudミュージックライブラリをオンにしなければ、自分のミュージックライブリとiTunesのマッチングはオンとならないようです。

スクリーンショット 2015-07-05 20.41.25

そこで、iCloudミュージックライブラリをオンにしてみましたが、予想通りエラーとなりました。

理由は曲数上限である25,000曲を超える32,000曲ほどがiTunesライブラリに登録されているためです。ですので、今のところ、私にはiTunesライブラリを10,000曲削減しないと検証できないことになります。
(やるしかないか…、などと思いますが、今週は時間切れです)

ちなみに、iTunes Match の曲数制限は10月に100,000曲に増えるという情報もあります。この曲数の増加がApple Musicにも適用されればいいのですが。

さしあたりの状況

今のところ言えることは、Apple Musicの購読だけであれば、ミュージックライブラリが破壊されるといった問題はなさそう、ということです。

ちなみに、iTune Matchの件は、未検証ですので、本当に破壊が起こるかどうかはわかりません。米国の投稿からの類推をしたというところです。先に触れたように、遅くとも10月には、本件の結論がでそうです。その前になにか情報があれば良いのですけれど。

今日の二枚

というか、Apple Musicでウハウハしてしまい、今日はジャズのCDを何枚も聴いてしまいました。そのうち何枚かを。


Can't Help It


Can’t Help It
posted with amazlet at 15.07.05


Malene Mortensen
SPACE SHOWER MUSIC (2015-05-27)
売り上げランキング: 136,799




先日から注目しているマレーネ・モーテンセン。モーテンセン自身もいいのですが、バックのピアノが素晴らしいのです。調べてみると、クリスチャン・サンズという天才ピアニストでした。まだ20代後半ですが、本当に素晴らしい。私が気づいたのはリズム感覚が最高ということです。


Man-Child


Man-Child
posted with amazlet at 15.07.05


Herbie Hancock
Sony Bmg Europe (1992-05-04)
売り上げランキング: 101,968




ハービー・ハンコックのMan-Child。ハービーらしいカッコイイ一枚でした。冒頭のHang up your Hang upsの後半、後ろでホーン・セクションがパターンを刻む上で、ハービーのピアノが美しいソロを繰り出しつつ、ストリングス系のシンセが入ってくるあたり、最高すぎ。

くわしくはこちら

次回もApple Musicのことを書きます。

それではみなさま、お休みなさい。

コメントを残す