AppleMusicとりあえずの使い方

Apple Musicの勉強を進めています。

これまでは、新しい曲ばかり聴いていたのですが、最近はiCloudミュージックライブラリの使い方の模索をしています。とりあえずの使い方のようなものがわかってきました。

2万5千曲とか10万曲とか、そういう話をしていました。iTunesライブラリ全体を自動的に同期しようとするとこの制限にかかります。

ですが、任意の曲だけを同期させることは、iTuneライブラリの曲数にかかわらず可能なようです。

例えば、Apple MusicにはChick Coreaの音源のうち、Time Warpが収録されていません。

Time Warp
Time Warp
posted with amazlet at 15.09.30
Chick Corea Quartet
Stretch
売り上げランキング: 80,665

そこで、該当のアルバムの曲を選んでiCloudミュージックライブラリに追加を選びます。すると、楽曲をアップロードするようです。

スクリーンショット 2015 09 30 22 24 00

そうすると、以下のように、iPhoneのマイミュージックにTime Warpが現れます。もちろん同期はしていません。iCloudミュージックライブラリにアップロードしたものをiPhoneが認識している状態です。

image

このように楽曲を選んで、手動でiCloudミュージックライブラリへアップロードして、端末間で楽曲を共有する事ができることがわかりました。

しかしまだまだわからないところだらけのApple MusicとiCloudミュージックライブラリです。

まだ不可思議な挙動などがあり、安心できません。使用は自己責任でやらざるを得ません。みなさまもお気をつけてお使いください。

それでは、おやすみなさい。グーテナハトです。

コメントを残す