なんで、こう、いちいちカッコイイのだ!

まったく、本当にスゴイバンドなんですね。Earth Wind & Fire、ってのは。

伝説のライヴ・イン・ヴェルファーレ(CCCD)
アース・ウィンド&ファイアー
カッティング・エッジ (2003-06-25)
売り上げランキング: 342,712

Apple Musicで、EWFのライブ盤「ライブ・イン・ヴェルファーレ」を聴いたんですが、本当にのけぞりまくってます。

いちいちカッコイイホーン・セクション。

いちいちカッコイイアレンジ。

いちいちカッコイイリズム隊

なんだか、スタイリッシュではないカッコよさなんですよねえ。けっしてフュージョンのバンドのようなテクニカルなものではないのです。なにか、一つ間違えると、やり過ぎじゃね、と思わせるような畳み掛けるようなアレンジなのです。

やはり、ムンムンする熱気が漂ってくる、尋常ではない音源です。その場にいたら、絶叫して血が出るほど拍手するに違いないです。

例えば、Apple Musicを聴ける方はこちら。

Boggie Wonderland.

https://itun.es/jp/XjCfA?i=437633947

いやあー、ティンバレスと思われるパーカッションのグルーヴ感がたまりません。中間部は、ストリングスとピアノのソロの掛け合い。その後のシンセベースの懐かしい雰囲気のライン。ホーン・セクションとドラムのユニゾン。

たまらないです。

Amazonのレビュー観ていて、あらためて思いましたが、EWFってIncognitoのルーツとして位置づけられるそうです。私はこのあたりのことちゃんと評価するほど知らないですし、この辺りの批評は一家言あるかたがたくさんいると思いますので、あまり多くは語りません。

ただ、ですね、ほんとこれ、仕事場行く時に元気づけられます。これ聴いて、きっとニヤニヤ笑って歩いているに違いなく、変人あつかいですよ。もっとも、すでに変人で通ってるはずです。

っつうか、オペラブログのはずなんだが。。

というわけで、また明日です。おやすみなさい。グーテナハトです。

コメントを残す