「本」が読めない日々

Photo

近所の公園。天気もよく、気温も適度で、心よい一日でした。

最近、本は読んでいますが、偏り気味。どうも仕事関係の本中心で、文学的なものをあまり読めていません。仕事系はこんな本を平行して読んでいます。電車の中の空き時間や、昼休みなどに少しつづ読んでいる感じです。

リーン・スタートアップ
エリック・リース
日経BP社
売り上げランキング: 4,910
ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉
リンダ・グラットン
プレジデント社
売り上げランキング: 2,710

が、私は思うのですが、人間にとって本当に力のあるものはストーリーでないと伝わらない、と思います。特に、私は、右脳派でエピソード記憶な人間なので。説明文、評論なんかよりも、ストーリーでガツン!とこないと、どうも身体に入ってきません。

仕事に関係なくても、仕事に役立つ本はあります。私は塩野七生の《神の代理人》を読んで、人間の飽くなき遂行力とか粘り強さとか、権力への意志のようなものを学びました。

数年前、新入社員に「仕事に役立つおすすめの本はありますか?」と聴かれて、この本を薦めましたが、結局、彼は読まなかったようです。変人上司を持った新人は気の毒です。

神の代理人 (新潮文庫)
塩野 七生
新潮社 (2012-10-29)
売り上げランキング: 126,942

それで、今日、反省をしてこちらを買いました。もちろん紙の本では数冊持っています。ただ、最近のKindle生活では、紙の本を持ち歩かなくなってしまいましたので、Kindleにて。というか、どうかお願いですので、辻邦生作品をKindle化して欲しいです!

廻廊にて (P+D BOOKS)
廻廊にて (P+D BOOKS)
posted with amazlet at 15.10.24
辻 邦生
小学館
売り上げランキング: 265,335

今日はこちら。先日から聴いているSnarky Puppy。これが本当のFusion=融合なんだろうなあ。

それでは、おやすみなさい。

コメントを残す