《短信》某電気街へ

今日は、所用のため会社を早めに上がって、某電気街、つまり秋葉原へでかけました。

20分以上滞在したのは20年ぶりぐらいです。昔話はするつもりはありませんが、同じ場所でもこんなに変わるもんかね、と驚きました。。

あわせて、金沢行きの新幹線が走っていたのがホームから見えたのも不思議な気分でした。

まるで別の街に来た気分である。あるいは、よくあるSFのように、地球と同じ惑星がどこか別のところにあって、似ているんだけど違う街に迷い込んだ、という気分でした。

私の場合、随分エピソード記憶が強いみたいで、ついさっきのように、記憶が残まざまざとっていますので、そう思うのでしょう。

にしても、以前以上に居心地が悪い街になっているのは否めません。一方で、これが日本的な街だと思われているのか、外国からのお客さまがたくさんいたのにも驚きました。

おかげで、いろいろと勉強になりました。が、早々に帰宅しました。さすがに少し疲れる街です。

今日はこちら。ベームらしいルバートを楽しみました。

Strauss: Der Rosenkavalier
Strauss: Der Rosenkavalier
posted with amazlet at 15.10.30
Soloists Bohm Vienna Po
Pgd/Deutsche Grammophon (1994-07-01)
売り上げランキング: 55,217

それでは今日は短く、おやすみなさい。

《短信》某電気街へ” への2件のコメント

  1. このCD、発売当初に買いました。今はインターネットで場合によって買える商品の一つですね。お店の戸棚に並んでいることは、まずありえなくなくなりつつ。見つけたら儲けものです。即座に買います。

    • Alwaさん、コメントありがとうございます。確かに、店頭で見たことはありません。Apple Musicで初めて見つけて聴けました。

コメントを残す