だまし絵のような「星に願いを」

いや、しかし、やっと今週も終わり、家にたどり着きました。

今日は短いエントリーで。

When you wish upon a starを聞こうと色々とApple Musicで調べていたら、この音源にたどり着きました。私、これ初めて聴いたのです。お恥ずかしい。

Piano ; Bill Evans

Bass ; Percy Heath

Drums ; Philly Joe Jones

Guitar ; Jim Hall

Trumpet ; Freddie Hubbard

最初にこのトラックを再生した時、あれ、違う曲かけた? と思いました。

フレディのトランペットのフレーズが、メロディアスで、これがテーマ?、と思いきや、バッキングと思っていたジム・ホールのギターが、テーマを取っている、という、だまし絵のような演奏でした。騙されたんですが、なんか清々しく騙されたという感じでした。

で、このエッシャーの、鳥が魚になるあの絵を思い出しました。パースペクティブが変わると意味がガラリと変わる、という面白さです。

ちなみに、二回以上聞いても、そういう驚きは得られません。

やっぱり、面白い音はもうやり尽くされているんだよなあ、と思いました。

週末も幾つか山あり。今日は早く寝て備えます。

ではお休みなさい。グーテナハトです。

コメントを残す