五嶋龍のチャイコフスキー

先日、放送されたNHK音楽祭の映像を見ました。

hr交響楽団とチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲を五嶋龍が弾いていたのですが、なかなか楽しめました。

五嶋龍は、まるでアスリートみたいな弾き方をするなあ、と。マッチョで男らしい。あるいは男らしすぎるという方がいいのかも。なんか体格も立派で、鍛えているとしか思えない感じ。十分すぎる筋力を、あえて使わず絶妙なコントロールで楽器を鳴らしているような印象を受けました。フレージングも微妙なタメのようなものがあるのですが、日本人っぽさのようなものを感じるほどまででもなく、スタイリッシュでかっこいいです。

調べてみると、今年、レコーディングもしていました。AppleMusicでも聞くことができます。

https://itun.es/jp/qW-O-

レジェンド(初回限定盤)
五嶋龍
ユニバーサル ミュージック (2015-11-11)
売り上げランキング: 18

今日は、家にずっといて家事を。明日も、家事が満載の予定。

今日は取り急ぎ。おやすみなさい。

コメントを残す