今日は《ナクソス島のアリアドネ》

いやあ、さすがに厳しい1日でした。おかげで泳げず。こういう日もあります。

今日はこちら。《ナクソス島のアリアドネ》。初めて聞いたとき仰天しました。執事役は俳優が演じて、歌ではなくセリフです。一つの意味としては、確か、芸術の世界に生きる人と、そうでない人を区別するため、ということだったはずです。
今日聞いたシノポリ盤で執事を語る俳優さんの喋り方が結構過ぎで、何度聞いても惚れ惚れします。


R. Strauss: Ariadne auf Naxos (2 CDs)



Universal Music LLC (2007-05-09)
売り上げランキング: 62,596




もう少し書きたいこともありましたが今日はここまで。

それではおやすみなさい。グーテナハトです。

コメントを残す