恍惚としたブラームス──バーンスタインのブル2

先日からのブラームス交響曲第2番ばかりきくプロジェクト。先日以降、カラヤンとバーンスタインを聴きました。

特に感銘を受けたのがバーンスタイン。


ブラームス:交響曲第2番、大学祝典序曲



バーンスタイン(レナード)
ユニバーサル ミュージック (2015-08-26)
売り上げランキング: 8,376




これも先日書いたバーンスタインの田園の件と同じく、これも恍惚としたブラームス。緩徐楽章の恍惚とした美しさに酩酊してしまいます。この曲はブラームスの田園交響曲と呼ばれていますので、そういう共通性を、感じても不思議ではありません。深い悲しみとそれを咀嚼する静かな諦念のような境地。この曲を聴きながら、遠くに見える山を眺めていたい気分。まあ、若いときだと違うように聞こえるのかもしれません。

録音はウイーンフィルとのもの。もちろんAppleMusic にて。録音はおそらく1982年。

次回はチェリのブラ2を書こうと思います。
今日は朝から晩まで頭を使いました。明日も明後日も盛りだくさん…。

それではみなさまおやすみなさい。グーテナハトです。

恍惚としたブラームス──バーンスタインのブル2” への2件のコメント

  1. 少しお久しぶりです。
    ブログいつも楽しく拝読しております。
    他の愛読者の方も書いておられますが、
    辻先生の作品や人格について名ピアニストが即興演奏でも
    やるように縦横にしかも美しくネット上で語る
    センスがある上川様が羨ましい限りです。
    ブラ2を聴きまくる企画ですか!
    いいですね。
    私は実は、ブラームスのシンフォニーで一番好きなのが
    2番なのです。
    最初に聞いたブラのシンフォニーはカラヤン&ウィーフィルの
    カセットテープでした。
    中1の時でした。
    高校時代に乏しい小遣いはたいて買った最初のブラ2が
    バーンスタイン&ウィーンフィルでした。
    第1楽章のやるせない第2主題や、陽気で快活な終楽章第2主題
    が特に好きです。
    高校時代に辻作品(「雲の宴」!!)の素晴らしさを教えてくれた国語の先生のこと
    考えながらバーンスタインのCDを何度聴いたことでしょうか。
    歓喜を炸裂させるように金管と打楽器が第2主題を何度も繰り返して
    終わる終楽章コーダは最高ですよね。
    最近はピリオド系が好きで、ノリントン、ベルグルンド、
    シャイーの新旧両版など、変わり種(?)演奏ばかり聴いております。
    シャイーはコンセルトへボウを指揮した旧盤のほうが好きです。
    ゲバントハウスとやった2度目のやつは少し癖が強いかもです。
    シャイーは新ウィーン楽派を意識していそうな演奏をしています。
    第1楽章第2主題などは、ウェーベルンの初期みたいな感じがします。
    シェーンベルクが1920年代に「革新主義者ブラームス」
    という講演をやって、当時は「シューマンとメンデルスゾーンの亜流でしかない」
    などと中傷されていたブラームスを擁護・応援したことを
    シャイーは絶対に知っていて演奏にも反映させていると思います。
    彼らの演奏は、ナクソスミュージックライブラリーやユーチューブなどで
    気軽に聴けるものもあるかもしれません。
    チェリ先生は、偉大な方だと思いますが、私は少し苦手かもしれません。

    長文・乱文失礼いたしました。

    • 越後のオックスさん、いつもコメントありがとうございます。ブラ2、たまたま聴いたらはまってしまいました。これまであまり聞いてこなかった曲なので新鮮です。早速、シャイー&コンセルトヘボウのバージョンを聞きました。緻密でスタイリッシュな演奏だなあ、と思いました。ウェーベルン、という言葉がよくわかります。ノリントンなんかも面白そうです。聴いてみます。教えていただきありがとうございます。またブラ2についていろいろ教えてください。

コメントを残す