夏の終わりのころ

9月の初め頃、秋の風情が終わる気配を感じる頃、しかし、まだ暑さは厳しいおり、なにか秋が深まる寂しさのようなものを感じていた時、仕事場の年上の方と話をしました。その方は、夏が終わるとホッとされるそうです。夏の厳しさがこたえるから、とのこと。おっしゃる通り。私も夏の暑さはやはり辛いです。ですが、なにか名残惜しさのようなものを感じました。今年は特に夏を楽しんだような記憶があるので。もちろん、盛夏のそれではなく初夏のそれを楽しんだのですけれど。日差しが照りつける無人の野球グラウンド見て、なにか懐かしさを感じたり。

2016-10-14-1-04-59

あるいは、大地に立ち尽くす老ひまわりの姿を見たり。

img_6631



夏は生命の横溢の極致であり、さらには来るべき休みの季節への導入でもあります。生命の横溢を謳歌する季節が終わり、休息への備えを思う気持ちは、先輩と私とでは少し違うのが知れません。それは想像することはできても、体験するとまた違う味わいなのだと思います。それは、この数年で、味わいの違いを覚えはじめたから気づいたことなのかもしれません。
一ヶ月前のそうした出来事を思い起こしながら、いつの間にか10月も折り返しを目前にしています。肌寒い日が続き、あるいは過ごしやすい夜長の季節が訪れました。それはそれでまた愉しみ。そういう季節になりそうです。

今年も残りあとあと2ヶ月と半分です。やりたいこと、やるべきことは少しずつ進んでいますが、まだまだ不十分ですので、最後の追い込みにむけて追い込まないと。

それではないみなさまも良い秋の夜長をお楽しみください。

コメントを残す