山は続く

うーむ、なんだかやるべきことをやらないまま一日が過ぎていくのですが、それでも机に向かえば、何かしらの山を一つ一つ超えているのが不思議です。この数年はそんな感覚が続いているような気がします。とにかく、目前の一歩を踏み出すことで山は越えられるような。ただ、問題は進む道が多すぎるということなのかも。一本道ならいいのですが、どうやら複線を同時に走ろうとしているみたいで、それが良くないのか。

今日はこちら。


ツイスト・オブ・マーリー~ボブ・マーリーに捧ぐ



オムニバス リック・ブラウン&フィル・ペリー マーク・アントワン&パティ・オースティン フィル・ペリー ヨキム・ヴァン・デル・サッグディグズ マキシ・プリースト&リー・リトナー マイケル・ブレッカー&リサ・フィッシャー リー・リトナー&デイブ・グルーシン ジョナサン・バトラー ウィル・ダウニング&リー・リトナー リチャード・ボナ&マイケル・ブレッカー
ユニバーサル インターナショナル (2001-05-30)
売り上げランキング: 156,060




リー・リトナーのアルバムなんですが、様々なミュージシャンが参加しています。マイケル・ブレッカーがその目玉の一つなのかなあ。冒頭の曲でかなりフューチャーされていますので。レゲエなんですが、ジャズ・フュージョンっぽい音の作り。リトナーのアルバム作りのセンスの素晴らしさがよくわかり、しばらく時を忘れました。リトナー時代のフォープレイを思い出したり。

もっとも、今日は時を忘れるほど興味深い本にめぐり合いまして、仕事場からの帰路はそればかり読んでいました。

今日もまた、様々新しいことが。目が回るほど。今週の山はまだ続きます。そしてまた道が増えるのか、という問題も。

それではみなさま、おやすみなさい。