チック・コリア・エレクトリック・バンド東京ライブがApple Music に。


ライヴ・イン・東京 1987


ライヴ・イン・東京 1987
posted with amazlet at 17.03.28


チック・コリア・エレクトリック・バンド
ユニバーサル ミュージック (2017-03-08)
売り上げランキング: 1,837




いやあ、昔の血が騒ぎます。30年前なんですね。チック・コリア・エレクトリック・バンドの東京ライブの音源がApple Musicに登場しました。3月3日にリリースされたようです。

うーむ、本当に気持ちにフィットするこの感覚が素晴らしい、と思います。もうDNAに刷り込まれているような感覚さえ覚えます。シンセサイザー(もう死語?)をふんだんに使ったサウンドは、本当に素晴らしい。なにか、80年代後半の、未来への希望のようなものを感じたりします。今とは違う希望が当時にはまだあって、それは、コンピュータがこの先なにかを解決してくれるのではないか、というその当時の希望のようなものだったりするのです。

楽曲的にもあらためておもしろくて、チックのエレクトリック・バンドは、サクソフォーンをフロントとしてではなく、アンサンブルを構成するひとつの楽器として使っていて、そう言うアンサンブルはジャズの分脈ではお目にかかる機会は少ないのです。

まあ、サックス奏者としては、エリック・マリエンサルのサクソフォーンは、尊敬と垂涎、そして、いくばくかの嫉妬とともに聴かざるを得ません。すごいサクソフォーン奏者です。特に2曲目Time Trackのマリエンサルのソロは、個人的にはひとつの規範的なソロだなあと思います。ソロ全体のエネルギー配分に真底共感できるのです。多分、ソロを取れ、と言われたらこう言う配分をするだろうなあ、という感覚です。もちろんテクニック的には及ぶべくもないのですが、そのなかでも、限られたリソースをこう言う風につかうだろうなあ、という感覚です。

このアルバムを今日聴いて、ひとつの源泉を見た気がします。もう30年前のことで、今となっては古めかしいものなのですが、それでもなお個人的にはインパクトあるなあ、と思います。

もっとも、シンプルに言うと、好きなアルバムということになり、聴きながら、ニヤニヤと笑ってしまうような場面もあり、ああ、やはりこういう音楽も好きなんだなあ、と思います。

さて、年度末。押し迫るものが半端ないです。やるべきことを淡々と。

みなさまもお気をつけてお過ごしください。おやすみなさい。グーテナハトです。

コメントを残す