アバドの「四つの最後の歌」を聞く

先日から辻佐保子さんの「『たえず書く人』辻邦生と暮らして」を読んでいます。

「たえず書く人」辻邦生と暮らして (中公文庫)
辻 佐保子 中央公論新社 (2011-05-21)
売り上げランキング: 495,574

その中に、シュヴァルツコップの「四つの最後の歌」に関するエピソードが出て来ます。

1998年の夏に、お二人で「四つの最後の歌」を聴かれていたというものです。

こんなにも深い夕映えに包まれ 、歩み疲れはてた私たちがいる 。これがもしかすると死なのだろうか。

夕映えの中でIm Abendrotの最期の歌詞は、辻佐保子さんが、辻邦生の晩年を回想するなかで、引用されているものです。リヒャルト・シュトラウス最晩年の静かな美しさに満ちた曲です。

昨日から、アバドが指揮しカリタ・マッティラの歌う音源を聴いています。アバドらしい、柔らかいうねり。なんだか、ベルクを聞いているような、妖しさも感じました。

Strauss;Four Last Songs
Strauss;Four Last Songs
posted with amazlet at 17.09.28
R. Strauss Matilla Abbado Bpo Deutsche Grammophon (1999-11-09)
売り上げランキング: 100,035

なんだか騒がしい世の中になっています。できることは限られています。できる範囲でやれることをやるしかない、と思います。

ではみなさま、おやすみなさい。グーテナハトです。

アバドの「四つの最後の歌」を聞く” への2件のコメント

  1. 御無沙汰しております。
    上川様。
    9月24日、辻邦生ファンにとって一年で最も
    神聖な日が今年も来ましたね。
    私事で恐縮ですが、今の私は持病の躁うつ病が
    少し悪くなっておりまして、入院が必要なほどではない
    ですけれど、一寸養生が必要な時期になっております。
    神聖なる辻先生の誕生日に向けて
    「春の戴冠」か「西行花伝」を久しぶりに精読しようと
    思ったのですが、集中力、モチベーションがわかなくて
    活字を目で追っているだけになってしまっている
    情けない状態です。
    辻先生の大親友だった北杜夫さんのエッセイとか
    軽いミステリぐらいなら何とか読めるのですが…
    ワンセンテンスに莫大な情報を詰め込む
    壮大・華麗な辻邦生の散文がスラスラ読める状態では
    ないようです。
    辻先生は神様なのに、生涯の師なのに、
    とても切ない気持ちです。

    マッティラ&アバドの最後の四つの歌、
    私は聴いておりませんが、とても素晴らしい
    演奏のようですね。
    私は、アンナ・トモワ・シントウとカラヤンの演奏が
    好きです。

    2015年4月から始めた図書館司書の通信制大学の
    勉強も少しお休みです。
    主治医にそう言われましたので。

    今は、辻作品がスラスラ楽しんで読める
    モードに戻れるまで忍耐強く待つ必要がある
    ようですね…

    • 越後のオックスさん、コメントありがとうございます。
      体調が悪いときは、どんなに好きな本でも読めないですよね。私も忙しくなると、なかなか読めない日々が続きます。辻邦生もなかなか読めないです。人生は波なので、流れに逆らわないように頑張ってます。越後のオックスさんも、無理せず、美しい秋をお過ごしください。

コメントを残す