レクイエムを聴く朝

今日も、6時前に起きて、ルーティン通り仕事場へ。

これまで愛用していたBOSE Quiet Comfort15の調子が悪くなり、まあ7年間使っていたのでやむなし、ということで同じくBOSE Quiet Comfort 35に乗り換えました、

コードレスは予想以上に快適でした。

例えばですが、仕事場の入館証ストラップと、ヘッドホン、どちらを先につけるかで、困ったこたはないですか?

先に入館証ストラップをつけて、次にヘッドホンをつけてしまうと、ストラップを外すときに、ヘッドホンをまずは外さなくてはならなくなるはずです。

コードレスだと、そんな面倒もありません。これが一番嬉しいかも。

深いノイズキャンセルの世界に身を沈めて、音楽を聴く喜びは、世界の背理のなかで心を休めることができる数少ないひとときです。

で、聴いているのはこちら。アバドのふるモーツァルトのレクイエム。

モーツァルト:レクイエム
posted with amazlet at 18.02.21
マッティラ(カリータ) スウェーデン放送合唱団 ハルニッシュ(ラヘル) ミンガルド(サラ) ターフェル(ブリン) シャーデ(ミヒャエル) ポリドール (1999-09-22)
売り上げランキング: 44,759

わたし、この演奏の映像を当時BSで見た記憶があります。途中で教会の鐘がなって、アバドが鐘が鳴り止むのを待って演奏を再開した記憶があります。

音楽の中に身を沈め、響に包まれ、しばらく現世を忘れる。思念だけがそこにあって、世界も自分も、主観も客観も、彼岸も此岸もない。ようやく、現世に思念が戻ると、世界と自分が分かれ、主客が分離し、此岸の雑味と苦味が口の中に戻る。

というわけで、また明日も頑張ります。

みなさま、どうか良い夜を

おやすみなさい。グーテナハトです。

コメントを残す