コンセルトヘボウ管弦楽団のクリスマスマチネ/KERSTMATINEE MET ELINA GARANCA

昨日、アムステルダムのコンセルトヘボウにて開催されたマチネ演奏会ライヴをウェブラジオで録音しまして、早速iPodに入れて聴いています。

どうしてこの放送を録音しようと思ったかと申しますと、メゾソプラノのエリーナ・ガランチャが登場するからです。ガランチャさんはラトヴィアはリガのご出身。2003年の新国立劇場公演「ホフマン物語」でミューズを歌われまして、あのときの深く豊かな声に魅せられたからです。もう5年も前ですか……。

ガランチャさんのその声はまだ健在でした。モーツァルトのアリアと、カルメンから数曲歌われたのですが、すばらしく豊かでやわらかい歌声に感動です。 マリス・ヤンソンスも元気そうでした。ヤンソンスの指揮は極端にテンポをいじらずに、音量のコントロールで曲の表情を作り上げていく感じです。テンポは緩めで歌わせています。

曲はモーツァルトのアリア、ビゼー「カルメン」から「ハバネラ」など。詳細はウェブにも出ていませんし、オランダ語のヒアリングもできませんので、ウェブに乗っていた概要を掲載します。

  • Aria’s van Mozart, Rossini en Bizet
  • Mascagni Intermezzo uit ‘Cavaleria rusticana’
  • Rossini Ouverture ‘Guillaume Tell’
  • Verdi Ouverture ‘La forza del destino’
  • Chapí Prelude ‘La Revoltosa’ (KCO-première)

生放送ライヴならではの瑕も少々感じられますが、そういう目的で聴いているわけではありませんので、問題ないです。

しかし、時代も変わりました。日本時間の21時にオランダで催されたコンサートを、翌朝すぐにiPodで聴くことができるだなんて、すごい世の中になったものです。 さすがに、iPodにたどり着くまでに、asf→wma→AACと三回もコーディングを変えましたので少々手間はかかりましたけれど。

0