地震とともに。

毎朝、6時に起きる生活。そのために、5時50分と55分に目覚ましがなるようにしています。が、5時半ごろには目が覚めてしまいます。

今日もやはり、5時半ごろから目が覚め始め、6時に向けて起きようとしたところで長めの地震でした。テレビをつけると津波警報ということで、本当に東北の方々の不安に共感しながら身支度をして仕事場へ。向かいながら、NHKのストリーミングを見ました。なにか、この瞬間をきちんと共有しなければ、という感覚があったのでした。福島第二原発の冷却ポンプが停止したというニュースに肝を冷やし、宮城にも津波警報が発令された瞬間、アナウンサーがいっそう緊張して、避難を呼びかけるのを聴きました。とにかく、同時代の出来事として、同じ時間に同じ感覚を持っていたかったということがあります。

また、真実というものは時間が経てば覆い隠されていくものですから、その瞬間瞬間に現れると思われる統制されない真実のようなものを見据えたい、という思いもあったと思います。東日本大震災の時にテレビに映し出された、田畑を侵食する黒い津波や、何十台もの車が流される映像は、今やテレビで放映されることはありませんし、1999年の同時多発テロで放送された高層ビルにボーイングが吸い込まれ爆発するシーンなども、もはや普通には見ることはできないのですから。真実というものは徐々に隠され、その意味を失っていくものなのだ、と思うので、せめて、その時に見ておかなければ、という思いがあったのだと思います。

怪我をされた方が何名もいらっしゃったり、朝早く寒い中避難されている方もいたりと、本当に大変な出来事だと思いながら、いつどこに来るかわからない地震の恐ろしさを感じていました。しかし、日本に住む以上は、全員が負わなければならない宿命ですし、日本という土地につながったものとして、ただただその恐れは受け入れておかなければならない、ということも思いました。これはもう、日本人が自然崇拝をしてきた理由がまさにこうした地震や火山といった災害があるがこそ、ということなのだと改めて思いました。自分たち人間の努力では限界のある出来事があるからこそ、何か自然に宿る神的なものに祈るしかない、ということが、日本人的な感覚なのだ、という気持ちになっています。

そんな今日はこちら。ブレンデルが弾くバッハのイタリア協奏曲。バッハの世界はおそらく世界はもっと確固たるものなんだと思います。そういう均整が素晴らしいです。ドイツではあまり地震がないそうです。こういう曲はそういう土地にこそ生まれたものなんでしょうかね。


Italian Concerto


Italian Concerto

posted with amazlet at 16.11.22


Bach Brendel
Polygram Records (1990-10-25)
売り上げランキング: 24,976




それでは皆様、ありがとうございます。おやすみなさい。

コメントを残す