このブログについて

書いている人について

  • 書いている人 Shushi 。名前を音読みしてます。
  • 一応アマチュアサクソフォン奏者ということで。
  • 音楽はクラシックとジャズばかりです。日本語の歌詞のある曲はあまり聴きません。
  • B型さそり座という組み合わせは問題かもしれません。
  • 好きな作曲家は、リヒャルト・シュトラウス、リヒャルト・ワーグナー。最近ベーラ・バルトーク。
  • サックス奏者で言うとマイケル・ブレッカー。
  • 指揮者で言うと、ペーター・シュナイダー、カルロス・クライバー。
  • 好きな作家は辻邦生。それから、岡本かの子とか、アニタ・ブルックナーとかもよく読んでました。プルーストも好きです。最近気づいたのは実はSFが好きでした。アシモフ、ハインラインなどを読んでいますね。中学時代はファンタジーも読んでいました。レイモンド・E・フィーストなど。アーサー・ランサム、リンドクレーンも。小さい頃から外国の本のほうが好きでした。日本文学は先に触れた辻邦生ばかり。
  • 趣味はあまりないです。音楽も読書も本職と思うようにしました。

沿革など

そもそも、大学卒業直前に初めてHTMLでウェブページ書いて「あ、こんなに簡単に自分の活字を公開できるのか!」という驚きを得たのがルーツだと思います。1997年から1998年ごろは、そのころやっていたバンドのホームページに日記的なものを書き連ねていました。バンド活動が終わってからも、ほそぼそと日記サイト的なものをMicrosoft Frontpageで作っていました。2003年の9月にMovabletypeを知って、速攻でXREAのレンタルサーバーを借りてブログを作りました。旧ブログは2006年まで続けましたが、フレキシビリティがなく、FC2という商用ブログにうつりました。ですが、広告がうっとおしくなりましたので、Coreserverを借りて、Movabletypeに戻ったというわけです。それが2008年のこと。それから8年間Movabletypeで活動しました。ですが、最近いよいよメンテナンスが大変になりましたし、個人ブログはほとんどがWordpressになっているという状況に鑑み、2014年8月にWordpressに移行しました。これまで8年間にわたってご愛顧頂いたみなさまには感謝ばかりです。(2014年8月31日)

ブログ名の由来

プルースト美術館―『失われた時を求めて』の画家たち
吉川 一義
筑摩書房
売り上げランキング: 980,304
事典 プルースト博物館
フィリップ ミシェル=チリエ
筑摩書房
売り上げランキング: 840,439

おそらく、この二冊から影響を受けています。本の名前に「美術館」とか「博物館」をつけるセンスが素晴らしいと思い、付けたのだと記憶しています。当初はもっと美術記事が増えることを目論でいましたが、いまではそうなっていません。辻邦生のことと音楽のことばかりになってしまいました。本当は美術もそうですし、映画のことも書きたいんですが、美術も映画も触れる時間がなく、まだ予定になっています。

このブログについて” への2件のコメント

  1. 久しぶりに辻先生のことを想い出し、関係するブログを読み漁っているうちに、お宅さまのブログに出会いました。昭和43年、千葉県の片田舎から上京して不安な東京生活の中で、池袋の大学のフランス語授業で辻先生にお会いしてから「生涯の師」となりました。なので、年内に、初めて、多磨霊園に行くつもりです。ブログに感謝と共感です。2014.12.25

    • 菅沢さま、コメントありがとうございました。辻先生の授業を受けられたとは本当に素晴らしい経験をされたのですね。私の先輩も某大学でフランス語の授業を受けたそうですが「フランスは自由の国です。授業を受ける受けないも自由です。ですが、他の人の邪魔をしないでください」といったことをおっしゃっていた、というのを聞いたことが有ります。今後も辻先生のことを書くと思いますので、是非お立ち寄りください。

コメントを残す