「はじめてのカール・ベーム」

今日は、AppleMusicで、はじめてのカール・ベーム。もちろん、初めて聞くわけではありませんが、やはり、落ち着きます。

(こちらは参考CDです)

Bohm: A life in Music
Bohm: A life in Music
posted with amazlet at 16.06.09
KARL BOHM DEUTSCHE GRAMMOPHONE (2016-02-01)
売り上げランキング: 1,077

この馥郁とした品の良さは何なのかなあ、と思いました。もちろん、ベームの演奏ということがわかっている中で、品がいいとか、品格が、ということをいうのはあまり意味がないような気もします。

でも、この《コジ・ファン・トゥッテ》、聞いたとたんたまげました。

https://itun.es/jp/U3-Ef?i=92008277

天上から降ってくる、なんて表現がよくありますが、まさにそれです。

Cosi Fan Tutte (W/Cdrom)
Cosi Fan Tutte (W/Cdrom)
posted with amazlet at 16.06.09
EMI Classics (2009-08-31) 売り上げランキング: 31,018

ブラームスの交響曲第3番第3楽章も、なぜかしっとりと甘い。品がいい。本当に。

Brahms:4 Symphonies / Haydn Variations
Deutsche Grammophon (2002-10-08) 売り上げランキング: 654

ベーム、なんだかカラヤンのアンチテーゼみたいな印象があったり、何か気の毒な感じを受けることもありましたが、若い時からリヒャルト・シュトラウスに認められて初演を振ったりしていますからね。いろいろ言われていても、やっぱり素晴らしい方です。

しかし、いろんなことがって、頭を回すのが大変です。とにかく、きちんと眠ることが、頭を回すコツです。

ではおやすみなさい。

コメントを残す