久々にサーンボーンを聞く

久々にジャズの話題を。

僕は学生時代サックスを吹いておりました。最初はアルトサックスを吹いていたのですが、しばらくしてからテナーサックスをお借りしてブレッカーごっこを愉しんでいました。というのも、私が好きなサクソフォニストと言えば、ほとんどがテナーの奏者で要らしたからです。マイケル・ブレッカー、ボブ・バーグなどなど。一方、アルトサックスでは、高校時代に聞いていたT-SQUAREの影響で、伊東たけし氏が好きだったのですが、その後はアルトサックスを吹かれる方の音楽は余り聴いてきませんでした。あの御大デビッド・サンボーン氏も学生当時は余り好きではありませんでした。

しかし、今日になって改めて聞いてみると、この人ただもんじゃない、とおもいました。盛上げ方を本当に心得ていらっしゃる。美しいフラジオ音域の高音はきちんと制御されていてそのテクニックに舌を巻く。割れるような激しい音ながらも、バラードもちゃんと吹ける。

改めて、すごい方だなあ、と思い知った次第。やはり年齢に応じて好きな音楽というものはどんどん変わっていくものなのでしょうね。

久々にサーンボーンを聞く” への2件のコメント

  1. おお懐かしい。
    私の学生時代のバイブルのひとつです。
    最高ですよね。

  2. しーさん、コメントありがとうございます。返信遅れて申し訳ありません。
    このアルバムはバイブルですよね。私も学生時代には何度かRun for Coverを吹いた記憶があります。いま聞いてもやっぱりサンボーンはすごいです。またCD集め始めようと思っているところです。

コメントを残す