ケンプ/シューマン「幻想曲」作品17

Schumann: Fantasie: Symphonische Et醇・en Schumann: Fantasie: Symphonische Et醇・en
(1996/12/05)
Deutsche Grammophon

この商品の詳細を見る
シューマン「幻想曲」をケンプの演奏で。1836年、シューマン26歳の時の作品です。若いのにこれほど複雑な和声を駆使するとは、と感嘆することしきりです。23歳で音楽の道を志したのですから、それから3年でこの高みへと昇ったのかと思うと、空恐ろしさを感じます。やはり歴史に名を残した音楽家といえば、それほどの天才でなければならないということなのでしょう。それでもまだ曲調には若い希望が見いだせる気がします。所々に木漏れ日のように垣間見える明るい和声がそれを物語っていると思うのです。
今年はシューマン没後150年です(1810年〜1856年)。46歳という年齢で逝ってしまい、なお晩年は病に苦しんだシューマンもまた、生き急いだ偉人の一人なのでしょう。若い頃は法学部に籍を置いていたのですが、音楽の道へと転身したというのですから、相当無理をしたのだと思います。無理をせずばそこまでゆけず、無理せずにそこまではゆけず。人間の一生とはなんとも歯がゆいものだと思います。

ケンプ/シューマン「幻想曲」作品17” への2件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    はじめまして。とても素敵なブログですね。勉強になります。
    私も辻 邦生ファンです。クラシックの方は詳しくないのですが、自分のブログで少し書いています。ご意見などいただければ幸いです。
    これからも読ませていただきます。ではまた。

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    お越しくださいましてありがとうございます。私もまだまだ勉強しているところです。辻邦生さんのファンでいらっしゃるとのこと。うれしい限りです。ブログもこれから拝見させていただきたいとおもいます。

コメントを残す