《ドン・カルロ》の予習をしないと。。

Photo

良い天気の一日。紅葉を目前に控えた樹木がなんだか最後に太陽を浴びている姿を見て、少し感動しました。まあ、紅葉したって枯れるわけではないのですが、きたるべき冬に向けて最後の日光浴を楽しんでいるように見えました。

東京地方の空はもう真冬のそれで、快晴でした。ただ、残念なのは空が真っ青にならないことです。やはり空気が澄んでいるとはいえません。それが少し残念なところです。

今日の一枚。

Don Carlos
Don Carlos

posted with amazlet at 14.11.10
Verdi Bergonzi Tebaldi Bumbry Solti
Decca Import (2008-11-18)
売り上げランキング: 25,995

プーランクばかり聴いていたい気もしますが、そろそろ我に返らないと。

ドン・カルロの予習をしようと思います。

新国立劇場で演奏されるのは、どうやらミラノ版のようです。

2006年/2007年シーズンの記録

wikiによれば、ミラノ版は1884年イタリア語版と呼ばれ、リコルディから出版されたため、リコルディ4幕版とも言われるそうです。一番長いフランス語原典版が4時間以上かかるのに対して、ミラノ版は3時間半ぐらいで終わるようですね。

いま、ショルティを聴いていますが、いや、これは本当にいいですね。《オテロ》のような緊密な音作りがたまらないです。しばらくはコレばかり聴かないと。ジュリーニ盤を入手済みで、カラヤン盤を狙っております。

それでは取り急ぎグーテナハト。

0

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください