高橋大輔「浦島太郎はどこへ行ったのか」

浦島太郎はどこへ行ったのか
高橋 大輔
新潮社
売り上げランキング: 360,722

自宅のVTRやらカセットテープを処分しておりますが、なかなか興味深い映像や音源がたんまり発見されました。マイケル・ブレッカーが2000年に来日した時の映像や、2003年の小澤征爾のヴァルトビューネー・ガーシュイン・ナイトなど。失われた遺物を掘り当てた気分で、探究心が芽生えてきます。
先日みたこの映像。この方も世界を股にかけて探求をしておられる方です。前半に登場する高橋大輔さん。探検家の方。

この方、ロビンソン・クルーソーの実在のモデルが住んだ住居跡を無人島で探し当てたりしたそうです。
皆さんご存知の浦島太郎の物語を史的な裏付けを探しながら、その物語の成立の背景を探求する物語がこの本です。ノンフィクションですが、ほとんど物語的面白さでページをめくるスピードがどんどん早くなります。
まだ半分ぐらいですが、丹後半島、中国山東省、大阪、香川、尾道、鹿児島、沖縄、石垣島、とどんどんスケールが広がっていきます。
つくり話と思っていた神話や昔話が実話をベースにしているというのは、シュリーマンが有名ですし、高橋克彦さんもSFではありますが、神話を大胆に解釈しておられたりしました。高橋大輔さんのアプローチは、現地に足を運ぶフィールドワークですが、やはり現地に行かなければわからないことがあるようで、書物やウェブでは得られない気付きを沢山得ておられました。山東省で竜宮城のありかを見つけるくだりは圧巻でした。
やはり、書を持って街に出よ、あるいは書を持って野山や海へ出かけよ、ということなんでしょうね。
さて、私も高橋大輔さんご使用のルカンというバックパックが欲しかったのですが、カミさんに止められました。これじゃあ、大きすぎて使えないよ、とのこと。

でこちらのターンというバックパックにしたんですが、荷物が入らず往生しています。やっぱりルカンにするんだった。。

ではグーテナハトです。

コメントを残す