書くことは、〈生きること〉を徹底すること──辻邦生『空そして永遠』

「くる日もくる日もノートを書いていても、それは、あくまで〈生きること〉を一層徹底させ、没入的にするための作業、といった趣を持っていた」──辻邦生『空そして永遠』より。

辻邦生のパリ留学時代の手記をまとめた『パリの手記』。その最終巻の『空そして永遠』を鞄に入れて過ごしました。帰宅の電車のなかでなんとなく開いた最後の「あとがき」にこの言葉がありました。

辻邦生は、まるでピアニストがピアノを弾くように、たえず書く、と言っていました。書くことは、文章を作り出すということ以上の意味を持ちます。世界を作り出していたのでしょう。その世界とは、書き手だけの作りうる完結・統一した世界なのだと思います。

それにしても、こんな風に、生きることに打ち込み、やることが生きることと直結していたら、そんな感想を持ちます。

やることと生きることが繋がっていなければならず、そうでない時間は浪費になりかねません。生きることに繋がることをやるのが人生への責務なのだと思い、責務を果たすために努力をすること。これに尽きるのだな、と思います。

3+

書くことは、〈生きること〉を徹底すること──辻邦生『空そして永遠』” への2件のコメント

  1. 今晩は。
    ブログのみならず
    上川さんのFacebookも楽しく拝読しております。
    加藤周一さんの著書の中に
    辻先生について書いたエッセイがあったのですね。

    加藤さんと「オレお前」の仲だった方
    と言えば、私が辻先生と並んで尊敬申し上げている
    中村真一郎先生です。
    水声社という出版社が
    「中村真一郎の会」というのを
    やっていて、
    「辻邦生を読むグループ」と
    掛け持ちになるかもしれません。
    お二人とも神様なのです、私にとって。
    加藤さんが初代会長だったのですよね。

    中村先生の長編小説「四季」四部作と
    長編評論「王朝物語」は、
    辻先生の代表作に匹敵する
    千古に残る大文学だと確信しています。

    クライバーの田園、私はまだ聴いておりません。
    ウィーンフィルの5番と7番、
    バイエルンの4番のみです。
    でもクライバー・ファンなら
    聴いておかないとですね。

    0
    • いつもありがとうございます!
      私は辻先生以外はあまり読めておらず、お恥ずかしい限りです。残りの人生もそろそろ半分ですから、中村先生も読みたいですね。しかし時間が…。
      クライバーの田園は、まだ評価できるほどではありませんが、昨夜は楽しく聴きました。次はアバドのベートーヴェンを聴こうか、などと思っています。

      0

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください