昨日に引き続きマーラー4番

Gustav Mahler

マーラー:交響曲全集 マーラー:交響曲全集
オムニバス(クラシック)、アルノルト・シェーンベルク合唱団 他 (1995/07/07)
ユニバーサルクラシック
この商品の詳細を見る

今日もマーラーの4番を聴きました。少々疲れもありまして、あまりきちんと聴くことが出来ませんでし た。
周知のように、2番から4番は、「子供の不思議な角笛」の影響が強く、角笛交響曲と呼ばれているわけですが、本当に3番とはよく似ています。特に第4楽章3番の影響が色濃く表れています。
明澄とした前半部に比べて、終わり方の不気味なことといったら。5番の冒頭の葬礼のラッパへ続いていることを知っている我々にとっては、解せるわけですが。それにしても、第1楽章のあの明るさは何だったんでしょうね。
それにしても、4番はマーラーらしいと言えばマーラーらしいのですが、10(11?)の交響曲のうち、この曲だけは本当に取っつきにくいです。まだ曲に嫌われているのでしょう。もうすこし聞き込まないとこちらを向いてくれないのだと思います。


最近は会社から帰ってくるときに音楽を聴くのが習慣になっていたのですが、冒頭でも触れたように、ちょっと今日は疲れてしまっていてきちんと聴けませんでした。理由はいろいろあるのですが……。またトラブル対応しました。それで少々疲れたようです。まったく気を遣いますね。それで食べているのだから仕方がないのですが。明日は、ちゃんと聴けると思います。
SAX
そういう、明日は後輩の結婚式です。サックスを吹くので今日は早めに寝て備えようと思っています。アンブシェアが持つかなあ、というのが今の不安。先だっての日曜日に練習したときは、少し吹いただけで筋肉が痛くなってしまいましたので……。やはりコンスタントに練習した方がいいのでしょうね。


ランキング参加中です。よろしければ応援してください。
クリック→にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ にほんブログ村 本ブログへ
引き続き10位内に入っています。どうもありがとうございます! 毎日更新できるように頑張ります。

0