平成の終わりに際して

最近のはやり言葉は「平成最後の」です。昨日も書いたように、今週で平成は終わります。そうした「平成最後」という枕詞も今週が最後で、来週になると、今度は「令和最初の」という言葉が枕詞になるのでしょう。

ところで、日曜日にラジオを聴いていたら、松尾貴史氏が「平成元年に今の事務所に入った。だから平成の年数がそのまま事務所に入った年数になる」という話をされていました。

そうすると、私にとっては、平成元年にあったことはなんだろう、ということを思い起こすと、やはり辻文学になってしまうわけです。

何度も書いているように、1989年の夏に、音楽芸術に連載中の「楽興の時」を読んだのが、辻文学に出会ったきっかけでした。そうすると、ちょうど31年弱になると言うことです。ずいぶん長い間読み続けていますが、どこまで理解出来ているのか、私にはよく分かりません。

すくなくとも、さまざまなレイヤーで、辻文学を捉えています。世界認識のレイヤー、人生のレイヤー。その多義性のようなものが辻文学を読み続ける理由、というのがまずはここで言えることです。

もっと攻めて辻文学を読みたい。今はそう思っています。のこり少ない平成を、そして次の令和を、もっともっと激しく生きなければ。そう強く感じます。

3+

平成の終わりに際して” への2件のコメント

  1. 今晩は。
    上川様が初めて辻作品をお読みになったのは1989年
    だったのですね。
    私も89年です。
    秋のことです。
    進学校と言われる高校で全科目の成績は
    下から数えた方がずっと速いけれど、
    国語現代文だけは何故か良くできるヘンな子だった
    私は国語と図書館司書教諭の先生方からだけは、
    偏愛と言っていいほど可愛がられていました。
    その先生方にすすめられて魂を震撼とさせられたのが、
    何度も申し上げましたが、「雲の宴」でした。

    上川さんが初めてお読みになった辻作品は
    「楽興の時」だったのですね。

    「もっと激しく生きたい」って私の記憶が正しければ、
    「雲の宴」に出て来る言葉だったかと思います。

    あれから三十余年、辻先生の作品の多くを読了し、
    辻先生の原点が知りたくて、何故あんな素晴らしい
    作品を書けるのか、その深奥を知りたくて
    トーマス・マンやディケンズやリルケといった
    辻先生が尊敬している文学者たちの作品を
    読みくるっていたらもう三十年経ってしまっていた…
    というのが正直な実感です。
    本当に辻先生とともにあった三十余年でした。

    0
    • 越後のオックスさん、
      貴重なお話、ありがとうございます。さすが、昔から国語が得意だったんですね。私も国語表現の授業で随分国語教師と仲良くなりました。課題で短編を書いたら校内放送で呼び出されたりしました(剽窃を疑われた模様)。
      同じ1989年なんですね。平成を辻文学と過ごせて幸せでした。私とは違い、マンやディケンズまで渉猟されたことは本当に尊敬です。私はこの30年何をやっていたのか…。
      「雲の宴」は1993年に読みました。二重生活の詩人のように激しく生きたいです。

      0

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください