Jerry Bergonziが参加した「Rebop」を聴いてみる。

この一ヶ月、バークレー出身のギタリストとの対話はありませんでした。というのも、私が仕事を休めなかったからです。

ですが、明日のお昼、話をする機会ができました。楽しみですが、どんな会話になるのか。。

前回の対話において、私は彼に詰められたのです。曰く、「サックス奏者なのにJerry Bergonziを知らないなんて!」

マイケル・ブレッカー・バカな私にとっては、サックス奏者はマイケルただ一人(大げさ)。マイケルの参加アルバムは100枚ぐらい持っていますが、その他のサックス奏者のアルバムは、サンボーンとか、ボブ・バーグとかそういう方に限られています。ジャズ好きの方から言わせれば、勉強不足なんじゃね、ということになります。

で、ですね。先日から聞いているのです。ジェリー・ベルゴンズィをJerry Bergonziを。

(Bergonziというえば、私にとってはテナー歌手だったのです。カルロ・ベルゴンツィ。)

聞いているのは、ハル・ギャルパーのアルバム「Rebop」。


Rebop - Hal Galper

あれ、ベルゴンズィって、ブレッカーにそっくりじゃないですか。。

マウスピースはラバーだし、マイケル・ブレッカーよりもフレージングが持たれ気味で、崩した感じなんですが、フレージングのセンスはすごく似ています。マイケルよりずっとストレート・アヘッドですが、臭みがなく、スマートです。いわゆるフュージョン奏者がやるストレート・アヘッドなハード・バップ、って感じです。私の好み。まさに。

ベルゴンズィのアルバムをみてみると、(当然なんですが)、マイケル・ブレッカー人脈とかぶっています。ピアノのジェイ・カルデラッツァとか、ドラムのアダム・ナッシュバウムとか。両名とも90年近辺でマイケル・ブレッカーのソロ・アルバムに参加していた方です。

そして、ハル・ギャルパーも、マイケル人脈の一人です。70年台に、マイケルとランディのブレッカー兄弟はハル・ギャルパーのアルバムに参加しているんですよ。こちらです。

Children of the Night - The Hal Galper Quintet

このアルバムは、学生時代に聴きまくりましたので、思い出深いですよ。

ほんと、まだまだ愉しみがたくさんあるんだなあ、とおもいます。またサックス吹きたくなりました。仕事を引退してからかもしれないけれど。

0

電源コードでも美しい意匠

いろいろありまして、全く楽しいスリリングな毎日です。きっとあとから振り返るといい思い出になるんだろうなあ、とおもいます。

Macが我が家にやってきて2週間がたちました。こちらも毎日驚きの日々です。

やっぱり、いいデザインの道具を使うと、嬉しくなります。

たとえば、電源コードだって考えられているのですね。ただ、単にコードを指すだけじゃなくて、マグネット式で着脱が容易だし、上下どちらで取り付けてもOK 。でもって、コード側にLEDが付いているので、本体側に余計な電力は不要ということ。

IMG_2244.JPG

光るLED

IMG_2243.JPG

ここがマグネットになってます。

IMG_2242.JPG

でもってリバーシブル。

IMG_2241.JPG

IMG_2240.JPG

仕事がはかどりますね。嬉しいです。

さしあたり、今週末はお休みです。でも、あらゆることの先はまだ長い。頑張らないと。

0