iCloudミュージックライブラリの憂鬱

Photo

近所の公園。最近この公園のヘビーユーザになっていて、よく出かけます。なんだか、池があると心が休まります。水が持つ、無限性のようなものではないかと思います。流れ行く水は、一定ではなく、無限の可能性を持っている、という観点。

なかなか難しい状況に陥っている、私のApple MusicとiCloudミュージックライブラリですが、以下のような状況なのです。

先日報告の通り、iCloudミュージックライブラリが10万曲に拡大されたということで、私のiTuneライブラリをiCloudミュージックライブラリに接続し、マッチングを行いました。その後、iPhone側で、iCloudミュージックライブラリを一度オフにしたのちに、もう一度オンにするという操作を行い、iCloudライブラリとの接続を行いました。結果として、iTuneライブラリの内容がマイミュージックに反映し、iPhoneでiTunesライブラリの曲目が表示されるようになりました。

その後、色々と不可解なことが起こり始めました。

まずは、先日も少し書きましたが、iTunesライブラリにあった曲が、iPhone上ではオフラインモードになっており、勝手にダウンロードが始まってしまったというものです。この事象は、iCloudミュージックライブラリをオンオフするという操作で回避したかに思えました。

ですが、完全に回避できたわけではなく、多くのアルバムは、オフラインモードのまま残ってしまったのです。

その後、ミュージックアプリの挙動がおかしくなりました。まずは高頻度でフリーズするようになりました。あるいは、操作がもたつくようになりました。

その後、iCloudミュージックライブラリとの接続のオンオフを試みたのですが、ライブラリとの同期でフリーズするようになってしまいました。なすすべなく音楽が聴けない状況になったわけです。

やむなく、iCloudミュージックライブラリをオフにしようと試みたのですが、残念ながら、オフにならないという事象に陥り、嘆息した次第。iPhoneを再起動することで、やっとiCloudミュージックライブラリをオフにすることに成功し、胸をなでおろしている、というところです。

このドタバタぶりは、なんなんでしょうか。一部にバグの報告もあるようですが、そもそもiOS9.2はバグ解消が素晴らしい、というのがネット上の評判らしく、ちょっと意外な気がしています。

ちなみに、iCloudミュージックライブラリをオフにしたとしても、Apple Musicは使えていますので、さしあたりはそちらを楽しむことにしようと思っています。

私だけの特異な事象かもしれませんが、一応みなさまには報告しておきます。

コメントを残す