謹賀新年

New Year

いよいよ年が明けて2008年となりました。今年も辻邦生師のことや音楽のことなどを書いていきたいと思います。よろしくお願いします。

写真はヴェネツィアの夜明けです。



昨夜は紅白歌合戦を22時頃まで見て眠ってしまいました。後半は見られませんでしたが、前半で気になる歌手を2人見つけました。

寺尾聡さんの「ルビーの指環」では、寺尾聡さんのスタイルの格好良さと、秀逸なアレンジ、安定したバックバンドに支えられて、スタイリッシュで大人なサウンドを繰り広げていました。

それから布施明さんは、ひとときに比べて多少歌唱力は落ちているのですが、それでも迫力或る曲芸のようなピッチコントロールを見せてくれました。声の美しさ、張り、音域は出演していたどの歌手と比べても絶品でした。もし往年の若き布施明がテノール歌手としてデビューしていたら、という見果てぬ夢。ロドルフォとか、カラフとか、ピンカートンなどプッチーニのテノールをを歌ってもらいたいなあ、と思うのでした。

謹賀新年” への6件のコメント

  1. Shushiさま
    明けましておめでとうございます。
    今年も宜しくお願いいたします。
    紅白、音を消して見たり、見なかったりでした。
    最後は珍しく見ていました。
    そういや、ベルリンのジルベスターコンサートは見逃しました、爆~。
    ヴェネチアの夜明け、きれいですね~
    ミ(`w´)彡 

  2. 新年明けましておめでとう御座います。
    ヴェネツィアの夜明けですか。美しいですね。私もヴェネツィアには感激した1人です。
    Shushiさんの辻 邦生文学論は、いつも楽しみに拝見させてもらっています。今年もどんな文章が読めるか楽しみです!
    益々のご健筆をお祈りいたします。

  3. rudolf2006さん、あけましておめでとうございます。新年からコメント頂き大変ありがとうございます。今年もよろしくお願いします。
    今年は紅白を最後まで見ずに寝てしまいました。ジルヴェスターコンサートは録画しましたので、ゆっくり楽しみます。

  4. カーラビンカさん、あけましておめでとうございます。新年のコメントいただきありがとうございます。
    辻先生のこと、昨年は思うように書くことができずにいました。今年はもっと書くことができればいいな、と思っています。イタリア旅行記2007は結局越年してしまいそうですが、ヴェネツィアのことはこれから書いていく予定です。
    どうか本年もよろしくお願い致します。

  5. あけましておめでとうございます。
    今年もよろしくお願いします。
    Shushiさんの記事は私がブログを始めた頃の最初のお気に入りでもあります。いろいろ楽しませていただきました。
    これからも音楽や文学(といっても私は殆ど本に関しての知識がありません)、紀行で楽しませてください。
    オペラも教えてもらえたら嬉しいです。

  6. ニョッキさん、コメントありがとうございます。
    今年も、文学、音楽、紀行文、(できたら)美術関連の記事を書いていこうと思っています。チャンポンで、どうにも興味が拡がるばかりでなかなk収束していかないのが悩みの種ですが、どうかおつきあい頂ければと存じます。本年もよろしくお願いします。

コメントを残す