イタリア紀行2007 その36 夕陽

Italy2007

 端を渡り路地をぬけるとザッテレ地区で、このあたりにスーパーマーケットがあると目星を付けていた。確かに、スーパのレジ袋をもってあるく女性とすれ違ったから、このあたりにあるのは間違いないのだろうが、派手な看板など景観保護上の理由からまったく望めないから、なかなか見つからない。やむなく、子供を遊ばせている、ヴェネツィア人とおぼしき若い女性に尋ねてみると、実に親切にスーパーマーケットの場所を英語で教えてくれる。教えて貰ったおかげで難なくスーパーに到着。旅を安くするには、夕食はレストランで取るのではなく、スーパーで買った食材を部屋で食べるのがコツだ。とはいえ、イタリアのスーパーに入ると、日本にはないものがたくさん売っているからついつい買い込みすぎるのが痛い。生ハムとサラダワインを購入。それでも2000円ぐらいのもので、レストランより全然安い。
 スーパーはザッテレ運河に面していて、赤い夕陽の甘い色に染め上げられている。ビルよりも大きな巨大な客船が、タグボートに牽かれて運河を外海へと向かっている。男と女が抱き合っていて、年配の女性がベンチに腰掛け夕陽を眺めている。現実とは思えない幻想的風景に体も心も溶けてしまう感じ。

イタリア紀行2007 その36 夕陽” への4件のコメント

  1. Shushiさま こんにちは
    美しい夕日ですね
    幻想的でもありますね~
    ヴェネチア、良いところ何でしょうね~
    一度は行ってみたいです。
    昔読んだ小説で、ドッペルゲンガーの話があったのですが、大学時代の英語の授業で読んだんですが、それは、このヴェネチアが舞台でした。タイトルも忘れてしまったんですが~
    カナールのことが上手く小説に取り入れられていたのを思い出しています。
    ミ(`w´)彡 

  2. rudolf2006さん、コメントありがとうございます。
    私もドッペルゲンガーの小説、読んだことがあると思います。たしか、まだ来ていないはずの妻の姿を水上バスで目撃してしまい、殺されてしまう、といった内容だったと思います。同じでしょうか? 私も英語の教科書で読みました。実は、この話を読んでいたので、ヴェネツィアに来るのがすこし怖かったのですが、たしかに水上バスでトラブルに巻き込まれたので、当たらずとも遠からず、というところでしょうか。

  3. Shushiさま お早うございます。
    何となく、小説の名前を思い出しました。
    Don’t Look Now ではなかったですか?
    http://www.amazon.co.jp/Other-Stories-Penguin-Modern-Classics/dp/0141188375/ref=sr_1_5?ie=UTF8&s=english-books&qid=1201395144&sr=1-5
    アマゾンで検索してみたら、上の本が出てきました。
    懐かしいです、確か、この本だったような~
    ヴェネチアが舞台になっているようです。
    ミ(`w´)彡 

  4. rudolf2006さん、おかげで思い出しました。それですそれです! 題名が分かりましたので、さっき本棚から探してきました。奥様のドッペルゲンガーを見た主人公が、なんだか唐突殺されてしまうんですよね、たしか。懐かしいです。

コメントを残す