神田明神参拝

どうも近頃、仕事が上手くいかない。といっても、個人的に困っているわけではなく、同じ担当のメンバーが不具合に悩まされ続けているのです。

というわけで、神田明神に参拝してきました。というのも、神田明神には「IT情報安全守り」があるんですよ。いまから四年前に弟に買ってきて貰いましたが、その後二年間は無事故でした。そういう霊験あらたかなお守りなのです。

ところが、さすがに四年も前だと御利益も薄れて来るというもの。そのせいで、立て続けに不具合が発生しているように思えてなりません。

そこで、改めて参拝してお守りを購入してきました。

神田明神

神田明神に参拝するのは初めて。門構えも立派です。なにより天気が良かったですね。

神田明神

本殿です。建物自体は新しいです。お祀りしているのはあの平将門公です。平安以降初めて天皇にかわる政権を作ろうとして、「新皇」を名乗った人物です。江戸初頭に、江戸城の鬼門にあたる現在の場所に移され、明治初頭まで将門公もまつられていました。これは江戸幕府が朝廷の逆賊である将門公を祀ることで朝廷への牽制をしめそうとしたとか。明治維新になると、今度は「逆賊」が東京の鎮守で祀られるのはまずかろうということで、祭神から外されました。再び祀られるようになったのは、時代がもっと下って、昭和59年からなのだそうです。意外と最近なのですね。

ITお守り

これがITお守り。これで仕事の無事を祈りました。

コメントを残す