ローマ紀行2008 その14 ローマでの夕食

最近のユーロ相場ですが、1ユーロ120円前後でしょうか。ところが、われわれがローマに出かけた7月中旬が、もっともユーロが高い時期でして、なんと170円ぐらいしたのですね。しかも燃油サーチャージも取られました。まったくついていないものです。とはいえ、夏のローマに出かけることができたので、満足ということにしたいと思います。

そういうわけで、ユーロ高のあおりを食っていきおい節約旅行にならざるを得ません。などといいながら、豪放にオペラに行ったりしたのですが……。節約の第一が夕食です。昨年のフィレンツェ・ヴェネツィア旅行もそうでしたが、夕食は現地のスーパーマーケットで買い込んで部屋で食べる、という風にして節約しました。一度夕食を外食すると30ユーロぐらいはかかっちゃう。5000円ぐらい。もっと高いこともあるとおもいます。ちょっと食べて、サイドメニューをとってワインを飲んだりすればあっという間に50ユーロ。7000円です。ところが、スーパーだと工夫すれば10ユーロぐらいですみます。

そういうわけで、ローマの夕食は連日のようにスーパーマーケットで買い込んだピザとサラダを食べていました。それでもかなりおいしいのですよ。さらに、少々贅沢ということで、生ハムを買ってみたり。生ハムも日本で買うには高いですが、こちらだと安いです。おかげで、生ハムサラダを楽しみました。

ワインも飲みたいところでしたが、昨年はワインの飲みすぎで疲れてしまったり、朝起きられなかったりと、少々大変でしたので、今年は我慢しました。

ローマ紀行2008 その14 ローマでの夕食” への2件のコメント

  1. Shushiさま お早うございます
    イタリア旅行記 楽しく読ませていただいています。
    ユーロは下がりましたよね、というか円が上がっているのか、為替のことは良く分かりませんが〜。
    私も一度だけイタリアに行ったことがありますが、やはりレストランで食事をすると、かなりかかりました。美味しいお店はそれなりのお値段がしますよね〜。
    礼拝堂の写真、美しいですよね〜
    ゆったりとした気分でヨーロッパ旅行でも楽しみたいですが、なかなか余裕がありません。
    思い切らないといけないのかもしれませんが〜。
    ミ(`w´彡)

  2. rudolf2006さん、コメントありがとうございます。最近のユーロ相場は下がりきっておりまして、悔しいです。また旅行に行ければよいのですが、今後はちょっとチャンスがなくなってきそうな感じでして、寂しいです。景気も悪くなってきましたし……。やはり思い切りが必要です。いつか巡ってくるチャンスを逃さないようにしようと思います。

コメントを残す