Super! ハイティンク「ばらの騎士」!

ハイティンクの「ばらの騎士」。タワレコで4000円強で売っていて、買おうかどうか迷った末に、あきらめて帰宅。アマゾンを覗いたら、なんと2000円弱で売っている!(マーケットプレイスですが)即購入しました。なんとアルゼンチンからの国際郵便で送られてきました。あけてみると新品でした!

マルシャリンはキリテ・カナワ、オクタヴィアンはアンネ・ゾフィー・オッター、ゾフィーはバーバラ・ヘンドリクス、オックスはクルト・リドル。オケはSKD(シュターツカペレ・ドレスデン)で、ルカ教会での録音ですよ! これはもう期待するしか。

第一幕を再生した途端に驚愕しました。ホルンがすごい。それから、SKDの弦楽器の音がまた良いですねえ。ルカ教会の残響と巧く融合した、少しざらつきのある高音域の倍音が豊かで、きっとこれは来世の音です。夢心地です。

クルト・リドルのオックスは、2007年のザクセン州立歌劇場引っ越し公演の「ばらの騎士」で聴いて、今年の新国「ヴァルキューレ」のフンディングのすばらしい歌を聴いたのですが、やっぱりこの音源でも確固とした存在感を示しています。クルト・モルのオックスも大好きですが、クルト・リドルのオックスもいいなあ。キリ・テ・カナワは、ティーレマンのDVD「アラベラ」で聴いたり、シルマーの「カプリッチョ」でもお目にかかっていますが、最近つとに気に入ってきています。柔らかさにうっとりします。

さしあたり、冒頭部、ばらの献呈の場面、最後の三重唱をきいてみましたが、ハイティンクってすごいのですね。テンポは割りと抑え気味で、じっくりと歌わせているわけですが、それがこの輝き煌くSKD+ルカ教会ですので、浄福の境地でございます。第二幕のオックスのワルツも、入りのテンポが遅くて、それが徐々にスピードを増していくなだらかな稜線が見え始めるという具合で、実に面白いのです。ハイティンクのセンスのすばらしさ、というところでしょうか。 とはいえ、若干ピッチに不安を覚える場面もあるのですが、それは目を瞑ることが出来ます。全体にすばらしいので。

今日は1幕から聴き始めています。またお気に入りの「ばらの騎士」が増えました。

 

0

Super! ハイティンク「ばらの騎士」!” への4件のコメント

  1. Shushiさま こんにちは
    ハイティンクの「薔薇の騎士」買われたんですね
    私も、キリ・テ・カナワさんのファンで、かなり前に買いました。安くなった盤ですが〜。
    3人の女性の歌も、オックスも、オケストラもかなり良いと思うのですが、あまり評判になりませんね〜。
    私モブログに書いたと思うのですが、Shushiさんが書いてくださったのがうれしいですね〜。
    ミ(`w´彡)

    0
  2. rudolf2006さん、コメントありがとうございます。ハイティンク、最近大好きで、買ってしまいました。おっしゃるとおりあまり評判は聞かない気がしますが、いい盤だと思いました。ハイティンク、素敵すぎです。今度はショスタコを聴いてみようと思っています。

    0
  3. こんにちは。
    shushiさんの記事を見て、Amazonで他に欲しい物ができ、ある程度たまれば購入しようと思っていました。
    昨日注文しました。今週末あたりに着くと思います。
    今年は「ばらの騎士」の当たり年みたいなもので、同じ曲を1年に3枚購入することは初めてです。
    まずはクライバー、次にバーンスタイン、そしてハイティンクです。楽しみにしています。

    0
  4. よんちゃんさん、コメントありがとうございます。今年は僕にとってハイティンクの当たり年でした。ハイティンク、すばらしいです。「ばらの騎士」も気に入ってくださるといいのですが。バーンスタインの「ばらの騎士」は未聴でした。僕も聴いてみたいと思います。

    0

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください