コルンゴルトの「死の都」を聞き始めました

会社も今週3日目。今週もやっと半分を超えました。

今日から、コルンゴルトのオペラ「死の都」を聴き始めました。先だってからコルンゴルトを聴いているので、この機会に、ということでです。ちょうど、家に「死の都」の映像があるのを思い出して、最近はオペラの予定も入っていないということで、「死の都」を聞き込んで、DVDを観ようかな、と思った次第。

あらすじ。舞台はブリュージュ。パウルは、マリーという妻を亡くしたばかり。ところが、マリエッタというマリーとそっくりの踊り子が現れ、パウルはマリエッタにおぼれていくのだが、最後には、マリエッタにも愛想をつかされてしまう。ところが、すべての出来事は夢の中の話であった。パウルは友人の進めに従いブリュージュを去っていく、というもの。

しかし、ここでも「マリー」が登場ですか。ベルクの「ヴォイツェック」もマリー、ツィンマーマンの「軍人たち」もマリー、コルンゴルト「死の都」もマリー。関係ないとわかっていても、なにか繋がりがあるんじゃないかとかんぐってしまう。

しかし、23歳でこんなオペラ作ってしまうコルンゴルトはすごいですね。ウィキペディアにはすさまじい略歴が載っております。天才はすごい。戦時中はアメリカに亡命して映画音楽を作り、オスカーも取っています。戦後、ヨーロッパに戻りますが、すでに時代遅れになっていただなんてかわいそうではあります。

ですが、コルンゴルトの映画音楽の及ぼした影響はすごいですね。先だって少し書きましたが、先日から聴いているコルンゴルトの映画音楽集のCD に収録されているKing Rowという作品、ジョン・ウィリアムズの「スター・ウォーズ」とか「スーパーマン」に大きく影響しているのが分ります。

最近は、オペラの予定がなくてさびしかったので、いい目標ができてよかったです。演奏については後日ということで。しばらく聞き込みます。

  • 作曲==エーリヒ・ヴォルフガング(エリック)・コルンゴルト(コーンゴールド)
  • 指揮者==エーリヒ・ラインスドルフ
  • 管弦楽==・ミュンヘン放送管弦楽団
  • 合唱==テルツ少年合唱団
  • 合唱==バイエルン放送合唱団
  • パウル==テノール==ルネ・コロ
  • マリー、マリエッタ==ソプラノ==キャロル・ネブレット
  • フランク==バリトン==ベンジャミン・ラクソン
  • ブリギッタ==メゾ・ソプラノ==ローゼ・ヴァーゲマン
  • フリッツ==バリトン==ヘルマン・プライ

コルンゴルトの「死の都」を聞き始めました” への2件のコメント

  1. Shushiさま こんばんは
    コルンゴルトの「死の都」
    聴き始められているんですね
    私も同じ、ラインスドルフ盤を持っています。
    このオペラは本当に素晴らしいオペラですよね。
    アリアも良いですし、オケストラも面白いですよね…
    私も久しぶりで聴いてみようかなって思っています。
    ミ(`w´)彡 

  2. rudolf2006さん、コメントありがとうございます。「死の都」、複雑な味わいのするすばらしいオペラですね。歌もオケも、どうしてどうしてオリジナリティに溢れていますね。映画音楽もすばらしくて、「死の都」を聞く合間に映画音楽を聴いて心の洗濯をしています。

コメントを残す