新約聖書物語→サロメ→ドン・ジョヴァンニ

先だっての「旧約聖書物語」に 引き続き、「新約聖書物語」を読んでいます。理由はもちろん勉強のためでして、絵画やオペラを愉しむのに必要ではないか、というところから。西洋人は小さ いころから慣れ親しんでいるのでしょうが、私にしてみれば、努力しなければ知ることができません。 今日読んでいるところでは、洗礼者ヨハネがヘロデ王に捕縛される場面が現れました。これは、リヒャルト・シュトラウスの「サロメ」の題材になった話。

そ ういうわけで、本当は「ドン・ジョヴァンニ」を聞かなければならないところ、ちょっと息抜きに、ニーナ・シュテンメさんの歌う「サロメ」の最終部を聞きま した。何度か取り上げたことがありますね。うーむ、すばらしく力強いサロメ。パッパーノの指揮もすごくて、渦巻き混ざり合う音の感じがすばらしいです。こ れで全曲版があればいいのですけれど。

それから、再び「ドン・ジョヴァンニ」に戻りま した。カラヤンの指揮は本当にすっきりと理想的美しさ。弦の美しさは、厚みがあって豊かでありながら、透き通っている感じ。いいですね。1985年、ベル リン・フィルハーモニーでの録音。ベルリン・フィルハーモニーのリヴァーヴ感は程よく控えめで、教会での録音よりも粒がはっきりしています。

私 は、モーツァルトの旋律でも短調の旋律が好きでして、伸びやかで光の感じられる長調のフレーズの中に、急に千切れ雲に太陽が隠れてしまうように短調のフ レーズが入ってくるところがたまらないのです。それから、調性が一瞬ゆれるところも。第16曲、ドン・ジョヴァンニの誘惑の歌、弦のピチカートとマンドリ ンの伴奏なのですが、調性が時折ふっと色を変えるのがすばらしい(絶対音感があれば、具体的に調性を書けるのですが。あるいは譜面を読めればもっと書ける かもしれませんが)。それにしても、トモワ=シントウさんも、バルツァさんのすばらしい歌唱です。こちらについてはまた明日。

帰りの電車では、ようやく、「ドン・ジョヴァンニ」を楽しめるようになって来たかもしれません。やはり、アクティブに関わっていき続けないと音楽はこちらへと振り向いてくれないものですね。

新約聖書物語→サロメ→ドン・ジョヴァンニ” への4件のコメント

  1. こんにちは。
    西洋文化を理解するには「聖書」と「ギリシア神話」を読まなければならない、と以前に読んだ本の一節を思い出しました。
    犬養さんの本は買って読みかけましたが、挫折してしまいました。三浦綾子さんの本も途中で止まってしまいました。どちらもかなり以前のことです。
    今度挑戦するときは性根を据えて取り組まないといけないかなと思っています。

  2. よんちゃんさん、コメントありがとうございます。私も、聖書とギリシア神話の重要性については分っていたつもりだったのですが、今更になってようやく読み始めた次第でして、お恥ずかしい限りです。受験世界史で、ヘブライズムとヘレニズムの2Hが現在の西欧文明の礎になっているのである、ということは知ってはいたのですが……。引き続き私も性根を据えて取り組んでいくつもりです。日々勉強ですね。

  3. Shushiさま こんばんは
    ちょっとお久しぶりです。
    聖書は、大昔に教会に行っていた関係で、昔は良く読みました。忘れているところが多いですが〜。
    カラヤンのモツアルトのオペラは、LP時代に買っていたものもあるのですが、CD時代になってからは、まだ買っておりません。欲しいなと思いながら、そのままになっています。
    欲しいものは多いのですが、なかなかそのすべてを買えるわけもなく、これからです。
    ミ(`w´彡)

  4. rudolf2006さん、コメントありがとうございます。
    欲しいものがたくさんあるのは素晴しいことですね。私もいろいろ聞きたいのですが、隙間時間を一生懸命使って聞いています。オペラは長いので聞く時間を作るのが難しいですね。私も全然これからです。またいろいろと教えてください。

コメントを残す