山村美紗「都おどり殺人事件」

都おどり殺人事件
都おどり殺人事件

  • 発売元: 徳間書店
  • レーベル: 徳間書店
  • スタジオ: 徳間書店
  • メーカー: 徳間書店
  • 価格: ¥ 580
  • 発売日: 2004/01
  • 売上ランキング: 351044

訳あって手に取ることになったこの本、勢いよく半分読んでしまいました。

山村美紗さんの小説を読むのは(お恥ずかしながら)初めてなのですが、文章は上品に落ち着いています。主人公は沢木という画家と、舞妓の小菊なんですが、祇園花街の風情がよく伝わってきます。季節によって髪飾りを変えるとか、取引事は真夜中にやってわざと日にちを曖昧にするとか。なるほどなるほど、と言う感じです。トリックは少し奇をてらっているような気もしますが、なかなかよく考えられていて、大きな不自然さは感じないです。早速続きを読むことに致しましょう。

山村美紗「都おどり殺人事件」” への2件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 090742fd4019d603d4b078f24c1b84c5
    Shushiさま こんばんは
    お久しぶりです。
    山村美沙さんのミステリは、テレビで良くやっているので、そちらの方を見ています。意外に、京都のことなど、正確な記述が多いんですよね〜。良くもあそこまで書かれたものだと感心しています。
    ミ(`w´彡)

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    rudolf2006さん、コメントありがとうございます。そうなんですよ、京都のこと、とても詳しくかかれているので本当に興味深いですし、好奇心をそそられます。いい作家さんに巡り会えたな、という感じです。

コメントを残す