70年、そしてその前70年


Taisehokan” by 邨田丹陵, Tanryō Murata – 明治神宮聖徳記念絵画館. Licensed under パブリック・ドメイン via ウィキメディア・コモンズ.

戦後70年と言われた昨年ですが、そのまた約70年前は大政奉還なんですね。

戦後も維新も既存の価値観を混乱とともにある程度は壊して、若い人たちが新しい価値を創り出したきっかけになったのでしょうね。

で、今は時代は安定しているので、そうした新しい価値はなかなかうまくいかないようです。いろいろなものが、出てこようとして、つぶされ、また出てこようとして、つぶされ、という具合に。

例えば、ネット放送が勃興し、収益が危うい民放は、4K放送に際して、録画禁止、あるいは録画しても早送り禁止、という施策を検討しているんだとか。

「4K番組は録画禁止」という驚愕のシナリオ

権力の慣性と、論理並びに倫理は相容れないですね。

私も、相対的に年寄りな場合と、相対的に若い場合があるので、いろいろなことがよくわかったような気がします。で、本当に難しいです。

こういう時は、眠るに限ります。今日は休もうと思います。おやすみなさい。グーテナハトです。

コメントを残す