気分を変えて

春になりました。日差しの色も徐々に変わってきたような感じですね。

気分を変えて、今日はSmooth Jazzを少々、それからシュトラウスのオペラ「平和の日」を聞いています。

Smooth Jazzはリッピントンズです。このアルバムのサックス奏者は、かつてチックコリア・エレクトリックバンドに在籍していたエリック・マリエンサルです。エレクトリックバンドで、ゴツゴツした曲を吹いていた御仁とは思えない爽やかさ。いいですね。








レット・イット・リップ レット・イット・リップ
リッピントンズ (2003/05/21)
ビクターエンタテインメント

この商品の詳細を見る



それから、シュトラウスの「平和の日」。「ダフネ」とセットで演奏される予定だったそうです。そう言われてみるとダフネと雰囲気が似ているような……。こちらはハッピーエンドの音楽なので、安心して聞けます。これはまだ二回ほどしか聞いていないので全貌はまだよく分からない感じです。そんなに長くないのですぐに覚えられそう。でも、エレクトラ、サロメのような凄みもないですし、カプリッチョやインテルメッツォのような小気味の良さもあまりない、少々地味な印象です。







Richard Strauss: Friedenstag Richard Strauss: Friedenstag
Richard Strauss、 他 (2002/05/14)
Deutsche Grammophon

この商品の詳細を見る

気分を変えて” への2件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 090742fd4019d603d4b078f24c1b84c5
    Shusiさま お早うございます。
    「平和の日」のCD、シノポリ盤を持っています。ちょっとくらい感じもして、殆ど聴いたことがありません。もう一度聴いてみようかなって思ったりも〜
    「ダフネ」の方が良いですよね〜
    ミ(`w´彡)

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    rudolf2006さん、こんばんは。いつもコメントありがとうございます。
    僕もやっぱり「ダフネ」のほうがいい気がします。でももうすこしチャレンジしてみようと思っています。

コメントを残す