プラッソン/フォーレ管弦楽曲集

昨日から再び仕事が始まりました。仕事というのは、おそらくはアグレッシブに関わるぐらいの方が気持的に楽ですね。

さて、仕事のあいだ中、「魔弾の射手」が頭の中に鳴り響いていて、少々疲れてしまいました。ここは一つ気分を変えてフォーレを聴いてみたいと思ったのです。昨日は「魔弾の射手を聴き倒す」と言っていましたが、やはり副業(?)とはいえ、音楽は心に深く結びついていますから、予定通りに行かなかったり、どうしても逆らえないことがあるものです。

Amazon、タワーレコード、HMVでは、私の持っている国内盤がなくて、どうやら新しいパッケージに変わったようです。ついでに、二枚組CDの順番も変わっていて、私の持っている二枚組CDの一枚目が、今売っているバージョンでは二枚目になっているようです。

ともかく、「ペレアスとメリザンド」や「マスクとベルガマスク」の透徹とした響きの中に吸い込まれまして、しばらくはそこから離れることが出来ないのです。海峡に面した霧の濃いの海辺の静かな街にいるような気分になれます。ついつい帰りの電車の中で白昼夢的な夢想が拡がってしまいました。

以前にも取上げたと思うのですが、「マスクとベルガマスク」の8曲目(13トラック)が大好きで、昔この曲ばかり何度も何度も執拗に聞き続けたのを覚えています。フォーレはどうしてこんな曲が書けるんだろう?室内楽だと少しばかり晦渋な感じはぬぐえないのですが、管弦楽は素晴しい。もちろん劇付随音楽と言うことにも理由があると思うのですが。この曲があれば、何もかも捨て去って、彷徨って、どこかで行き倒れても悔いはないなあ、と思わせられます。それほどの曲なのだと、思えるのでした。

 

※HMVでは二枚組のCDも扱っているようです。こちらの方がお得ですね。


icon
icon

プラッソン/フォーレ管弦楽曲集” への4件のコメント

  1. Shushiさま こんにちは
    プラッソンのフォーレ
    日本盤が出た頃に買っています。
    「マスクとベルガマスク」のガボット
    本当に良いですよね
    春のドライヴに聴くと最高ですよ…
    アンセルメ・スイスロマンドもお薦めです
    ミ(`w´)彡 

  2. rudolf2006さん、コメントありがとうございます。「マスクとベルガマスク」のガボット、綺麗な曲ですけれど、演奏するのは大変でしょうか? 拍子が頻繁に変わる曲みたいですね。ドイツ系の音楽ばかり聴いている中で、フランス音楽を聴くと、ホッとしますね。

  3. Shushiさま お早うございます
    フォーレは譜面づらは簡単ですよ
    でも音楽になるかどうか、これが難しいですね~。
    簡単な譜面の方が難しいですね
    ハイドン、モツアルトとか
    フォーレの室内楽は難しそうですが
    オケストラは、弟子のケクランの編曲が多いみたいですね~
    でも、あの透明感は素晴らしいですよね
    プラッソンも良い味を出していると思います。
    ミ(`w´)彡 

  4. rudolf2006さん、コメントありがとうございます。譜面は簡単だけれど、音楽になるかどうか難しい、というのは分かる気がします。教えて頂きありがとうございます。やっぱり譜面読まないと駄目ですねえ。と言いながら、読む努力は出来ないで居るのですが……。プラッソン良いですよね。あの透明感はなかなかないと思います。

コメントを残す