ローマは一日にして成らず、ですね

月が変わって五月。若葉が眼に染み渡る季節です。いつもの散歩コースにある竹林では筍がニョキニョキと。雨後の筍ではないですが、上へ上へと伸びてゆく生命力にはほとほと感服します。

仕事はなかなか大変なことに。ですが、何とかなるんですけれどね。

今日も少し早く帰ってきてしまいました。相変わらずワーグナーを。神々の黄昏の最終部を、カラヤン、ショルティ、レヴァインで聞き比べています。やはりカラヤン盤がしっくり来ますが、レヴァイン盤も棄てがたい。うーむ。

塩野七生さんのローマ人の物語シリーズの第一巻「ローマは一日にして成らず」をば読了。これは二回詠む価値があるなあ、と思います。史実だけではなくフィクションも含まれているのだ、という向きもあるようですが、ここまでの構築美を見せられてしまうとそんなことはどうでも良くて、説得力のあるつよいリアリズム的文体に引き込まれていってしまいます。ローマ建国神話からイタリア半島統一へと向かうローマの歴史が俯瞰することが出来る。ローマの興隆の原因を政体、宗教、開放性という三つの要因であると因数分解していく手際の良さといったら、感服する次第。物語としても良く楽しめました。ローマ人、凄いですねえ。打たれても打たれても立上がる誇り高き男達、いや女達も。

 

ローマ人の物語 (1) ― ローマは一日にして成らず(上)    新潮文庫
ローマ人の物語 (1) ― ローマは一日にして成らず(上) 新潮文庫
  • 発売元: 新潮社
  • 価格: ¥ 420
  • 発売日: 2002/05
  • 売上ランキング: 2003
  • おすすめ度 4.5
ローマ人の物語 (2) ― ローマは一日にして成らず(下)    新潮文庫
ローマ人の物語 (2) ― ローマは一日にして成らず(下) 新潮文庫
  • 発売元: 新潮社
  • 価格: ¥ 460
  • 発売日: 2002/05
  • 売上ランキング: 3116
  • おすすめ度 4.5

ローマは一日にして成らず、ですね” への2件のコメント

  1. こんにちは。
    初めて書き込みさせていただきます。
    ワーグナーの楽劇は最近少しずつ聞き始めていますが、「指環」にはまだ至っていません。
    塩野七生さんは大好きな作家です。「ローマは一日にして成らず」は数年前に読みました。読んでいて目が開かれることが多くあり、いずれ再読したいと思っている本です。

  2. よんちゃんさま、お越し頂きありがとうございます。ワーグナーも奥深くて、本当に音楽というのは聞けば聞くほど面白くなってきますね。
    塩野七生さん、僕も大好きです。「海の都の物語」が最初の塩野さん体験でして、それ以来読んでいます。ローマ人の物語は今年から読み始めたところです。先は長いですが、こちらも面白くなってきそうです。
    どうぞまたお越し下さい。お待ち申し上げております。

コメントを残す