ラインの黄金を聴いた雨の日

今朝起きると激しい雨音が。先日の「谷間の水」を思い出したので、道順を変えて出勤。今日はぬれずにすみました。

最近はどうもまとまってクラシック音楽を聴くことができないでいました。どうやらそれは、先週末の結婚パーティで、ジャズとブルースの生演奏を聞いたから。ちょっとした衝撃だったようで、本当はブルックナーを聞きたいはずなのに、あいま時間にジャズを聴いてしまうことがありました。べつにジャズを聴くのが悪いというわけではありませんが、気持ちにノイズがのった感じでした。それでも通勤時間や会社の昼休みになんとか聞き続けて、ようやく今日になってワーグナーに回帰できました。

というわけで、「ラインの黄金」をカラヤンの指揮で。あらすじを大体把握したので、音楽だけ聴いても面白いです。初めて聞いたのはショルティ盤でしたが、音のよさではカラヤン盤が勝っています。演奏も録音に助けられてダイナミック。「ラインの黄金」は、「ヴァルキューレ」や「神々のたそがれ」ほどには聞き込んでいるわけではないです。「ジークフリート」と並んで、理解が急がれる曲です。まずは聞き始めなければ話は進みませんね。

 ラインの黄金は、女性歌手の活躍の場が少ないですね。ラインの乙女やフリッカやフライア、エルダも登場しますが、ジークリンデやブリュンヒルデといった主人公クラスの女声がないです。それがとっつきにくさなのかな、とも思います。そういえば、ジークフリートも終幕にブリュンヒルデが出てくるだけ。鳥の声もありますが。そうか、ラインの黄金とジークフリートが僕にとって聞きにくいのは女声が少ないからか、と気づきました。

たまには立ち向かって刺激を受ける選曲もだいじですね。それがまた愉しみなわけです。

あと二日で仕事もおしまい。今週末は自宅でやることが満載。静かな週末になるはずですが、充実した週末にもしたいです。

ラインの黄金を聴いた雨の日” への2件のコメント

  1. Shushiさま お早うございます
    週末がやってきましたね
    水曜、昨日と仕事は休みだったのですが
    疲れからか、寝ていました、爆
    音楽は聴いていましたが
    練習は少しさぼり気味です〜
    何か目標なしで練習するのは辛いものがありますね
    やりだすと、それはそれなりにやっていけるのですが〜。
    カラヤン盤の、ラインの黄金 
    ラインの乙女たちの歌、絶品だと思います。
    きっと「神々の黄昏」の乙女よりも、歌手は良いですよね~。あれが出てくると、あああ、聴いているなって思います〜。
    Mac、ずいぶんと便利になってきているようですが、win派だったので、戸惑うことが多いです〜。
    ゆるゆるやっていきます〜。
    そうそう、ブログの置き場所を変えられたんですね〜
    便利になりましたか?
    ミ(`w´)彡

  2. rudolf2006さん、コメントありがとうございます。私も土曜日に楽器を吹いてから何もしていません。このまま楽器を練習した方が良いのか、それともあきらめるべきなのか、悩んでいます。
    カラヤン盤のラインの乙女、良いですよね。なんだかあそこだけが突出しているかんじ。僕はどうやら女声のほうが好きみたいです。まだまだ勉強せねばならないことがたくさんあります。
    Macはうらやましいですね。しかし、Windowsのソフトが多いので、なかなか手が出せずにいます。中古でも買ってみようかな、なんて。
    > そうそう、ブログの置き場所を変えられたんですね〜便利になりましたか?
    あれ、また何か変わっていますでしょうか? 一度引っ越してから何も変えていないはずなのですが……。また、ぼく、間違いをやらかしたのでしょうか。まいったです。

コメントを残す