クライバー/ニューイヤー・コンサート1989

ニューイヤー・コンサート1989&1992
ニューイヤー・コンサート1989&1992
  • アーチスト: クライバー(カルロス)
  • レーベル: ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル
  • 価格: ¥ 2,457 (10% OFF)
  • 発売日: 2004/11/17
  • 売上ランキング: 1956
  • おすすめ度 5.0

今日も良い天気でしたが、少々疲れ気味。昨日、少々仕事をやってしまいましたので、そのせいかもしれません。バッハを聞き込んでいたら、バッハ疲れに陥ったようで、久々にヨハン・シュトラウスを聴きたくなりました。リヒャルト・シュトラウスもヨハン・シュトラウスもやはりカルロス・クライバーさんですね。というわけで、ちょっと気が早いですが、1989年のニューイヤー・コンサートのCDを聴くことにしました。

「こうもり序曲」の冒頭の緊張感と流麗な弦楽部は、本当にカルロス・クライバーさんらしいです。それから、微妙なリズムの取り方も。三拍目を少しもたらせるワルツのリズムの取り方は素晴らしい。もう0コンマ何秒の世界の話なのですが。すごいですね。

カルロス・クライバーさんの略歴をウィキペディアで見たのですが、やはり理系の大学に入っていらっしゃる。チューリッヒ連邦工科大学というところだそうですが。やはり音楽をやる方は理系の頭も持たねばならぬ、ということでしょう。というより、文系、理系双方において優れた人物でなければならぬ、と言うところでしょうか。

僕の場合、ニューイヤー・コンサートといえば、「美しく青きドナウ」につきるのです。理由は二つあって、なぜか中学校の時に合唱編曲版を歌わされた歌ったことと、やはり中学生の頃に「2001年宇宙の旅」を必死に見入っていたということもあり、この曲を聴けば聴くほど、優雅な宇宙船とか、キャビンアテンダントがコックピットに宇宙食を運ぶときに180度廻転する場面とか、そういうことが思い出されるわけでして、音楽を聴く態度としては不純なものであるわけです。

しかし、このウィーン風のノリは素晴らしいものがあります。平常時はあまり聴く機会のないヨハン・シュトラウスですが、今日のように落ち着いた日に聴くのも良いものでした。バッハ疲れには良い薬になりました。

次回は、バッハの管弦楽組曲第2番を取り上げようと思っています。

クライバー/ニューイヤー・コンサート1989” への2件のコメント

  1. Shushiさま こんばんは
    そして、メリー・クリスマス~♪です
    やっとコメントできました、爆~
    アカウントを取ったり、色々してみたんですが、爆~。
    音楽のプロの方は音大卒の方が多いですが
    優れた奏者(私から見てですが)の方々は、頭も本当に良いですよね、きっと理系の頭脳だと思います。
    極めて論理的に思考されていますね。
    ですから、指揮者の方が比喩的な表現(ロゴス=言葉)で指示を出したりした場合は、頭の中で書き換えて(ロゴス=論理)演奏するって仰っておられました。
    大体、訳の分からない指示を出す指揮者はたいてい、ヘボイです、爆~。
    指揮者の方も、頭の良い指揮者は、リズム、テンポのことしか言われないですね、言われなくてもどういう風に演奏したいのは、奏者には分かります、棒を見ていれば~。
    そういう指揮者に出会うことは極めて稀ですが~。
    音楽をピタゴラスは「魂の浄化」と呼んでいたと思います。
    その点でも、ロゴスなんでしょうね~
    訳の分からないことを書いてしまいました、爆~。
    ミ(`w´)彡 メリー・クリスマスです♪

  2. rudolf2006さん、コメントありがとうございます。コメント許可設定をデフォルトのままになっていました。お手数をお掛けしました。
    今回頂いたコメント、とても勉強になりました。指揮者の比喩的表現を頭の中で書き換えて演奏する、という部分、とても興味深いです。そのことをずっと考えていました。僕が演奏していたときはそこまで行ってませんでした。私も演奏するなり、聴くなりして魂を綺麗になりたいです。

コメントを残す