蝉の鳴かぬ夏──ベートーヴェン弦楽四重奏曲第15番をABQにて

昨日は所用で学習院大学のキャンパスにいってまいりました。学習院大学は、辻邦生師が教鞭を執っておられたゆかりの場所です。きっとこの道、この風景、この木々を眺めておられたのだろうな、と思うと感慨もひとしおでした。個人的には学習院大学には苦い思い出(受験したわけではないですよ)もありますので、なかなか複雑な気分を味わいました。

本当に暑い一日でしたが、今年の東京は、なんだか蝉の鳴き声が聞こえません。夕方に家の外に出てみると、か細く蝉が鳴いているのが聞こえたぐらい。毎年こんなものでしたでしょうか? なんとなく静かな夏という風情です。

この数週間は緑(Verdi)一色でしたので、たまにはベートーヴェンなども、と思いました。「葉っぱに埃がついたので水をかけて払ってやったでちブログ」さんのrudolf2006さんがベートーヴェンの弦楽四重奏を取り上げておられて、急に聞きたくなった次第。持っているのはアルバンベルク四重奏団の全曲盤で、10年近く前に大枚をはたいて買ったのです。どうやら最近は廉価版で出ているようですね。ショックでかいです……。

Beethoven: The Complete String Quartets
Alban Berg Quartett
EMI Classics (1999-11-16)
売り上げランキング: 11693
おすすめ度の平均: 4.5
5 永遠の金字塔
4 スタンダード

この曲の第三楽章、2分半ほどたったところのフレーズが好きで好きで仕方がないのですよ。長い音符が響き渡って、まるで川が静かに流れているのを眺めている気分だったのが、突然、典雅で優美で上品でたおやかな美しさを持つフレーズが現れる。ABQの演奏は思ったより遅いテンポでカンタービレ、みたいな感じ。7分半ほどのところでも再度登場しますが、微妙に旋律は変奏されていてふくよかな味わいを増している。四人の奏者だというのに雄弁です。これもやはりご馳走ですね。最終楽章も良いですねえ。少し愁いを帯びた旋律が徐々に上昇していって、情感がほとばしっていくのがよく見えてきます。

フランクフルトからケルンへ向かうインターシティに乗ったことがありますが、ライン川の滔々とした流れを眺めていると突然向こう岸の山の頂に古い城があるのが見えてきて、驚いたのですが、そんなことを思い出してしまいました。古き良きドイツの良心だなあ、と思います。

ABQは一度だけ聴きに行ったことがあります。やはりベートーヴェンの弦楽四重奏でした。サインもしてもらったはずなのですが、そのCDは何処に行ったのだろう……。

蝉の鳴かぬ夏──ベートーヴェン弦楽四重奏曲第15番をABQにて” への2件のコメント

  1. Shushiさま こんにちは
    ブログで紹介くださり、ありがとうございます。
    ベトベンの弦楽四重奏曲
    飽きることがありませんね〜
    後期のピアノソナタと同じくらいです。
    ですが、CDは、このところ、カルテットのものばかり買っています。これも、ブログ友達に薦められたものですが〜
    私はアメリカ系の団体が好きなんですよ。
    良くお分かりかと思いますが、爆〜
    国としてはアメリカは大嫌いですが、爆〜
    最近いろいろと聞いていますが、クリーヴランド弦楽四重奏団の演奏は素晴らしいですよ〜。
    是非、一度聞いてみてくださいね〜
    ミ(`w´彡)

  2. rudolf2006さん、コメントありがとうございます。弦楽四重奏、良いですねえ。心が洗われました。まだABQの演奏しかきいたことがないのですが、これは奥深そうな世界。楽しみが増えました。

コメントを残す