ヤノヴィッツさんのマルシャリン──ドホナーニ/シュトラウス「ばらの騎士」を聴く

いつも充実した記事を楽しませてくださるさまよえる歌人日記さん取り上げられたドホナーニのばらの騎士が届きまして、早速iPodにいれてみました。 教えてくださったさまよえる歌人日記さんにこの場をかりてお礼申し上げます。ありがとうございます。

グンドゥラ・ヤノヴィッツさんが元帥夫人、イヴォンヌ・ミントンさんがオクタヴィアン、クルト・モルさんがオックス男爵、ルチア・ポップさんがゾフィーと来れば、垂涎もの。加えて、カメオ出演のイタリア人歌手はパヴァロッティ様ですので、言うことはないです。

録音は1978年です。ライブ録音ですし、時代も時代ですので、録音状態は万全とはいえません。おそらくはFM放送のエアチェックをCDにしているはずで、ジジというFM特有の懐かしいノイズが乗っているのが分かります。音も少々揺れます。まあ、昔はこれぐらいの音質のエアチェック・テープをむさぼるように聴いていましたので、それを思えば何とやら、です。

まだざっとしか聴けていませんが、印象を。

1978年といえば、ヤノヴィッツさんは40歳ごろですので円熟期に差し掛かったころでしょうか。これまで聴いてきたヤノヴィッツさんよりもビブラートが強い、とも思います。私の大好きなベームとの「カプリッツィオ」の録音が1971年ですのでそれよりは少々お歳を召してからの録音となりましょうか。第一幕の元帥夫人のモノローグの部分を帰宅時の電車で何度もききましたが、ヤノヴィッツさんの新しい一面をみた感じ。意外と力強い元帥夫人です。「カプリッツィオ」の若々しい伯爵夫人(令嬢)でも、「ヴァルキューレ」でのはかないジークリンデとも違いますが、透き通るような高い声を聴くとうれしくなります。

クルト・モルさんはつややかな声質が感じられてこちらもうれしくて仕方がありません。ポップさんはゾフィーの持つはかなさというよりは、技巧的美しさとある種の力強さが出ています。心をしっかり持ったゾフィー像とでもいいましょうか。ミントンさんのオクタヴィアンは倍音を多く含んだ豊かな声質で、安定感があります。ドホナーニさんの指揮はあまり奇をてらうことのないさわやかな演奏ですが、聴かせどころでは、音量やテンポを少し大きめにコントロールして、心情表現をうまくやっておられます。

録音が今一つなところもありますし、ライヴならではの疵も少々ありますので、初めて聞くという方にはお勧めできないと思いますが、ばらの騎士ファンにはお勧めの一枚です。私も十二分に楽しんでいます。

ヤノヴィッツさんのマルシャリン──ドホナーニ/シュトラウス「ばらの騎士」を聴く” への4件のコメント

  1. Shushiさま お早うございます
    ヤノヴィッツさんのマルシャリン
    ヴィーンのシュターツオーパーの引っ越し公演で
    2回(連日)で聴くことができました。
    他の配役は覚えていないのですが、ヤノヴィッツさんだけは覚えています。
    ダブル・キャストで、どちらの日にヤノヴィッツさんが歌われるか分からず、二日のチケットを取ったんですよ。
    すると、二日ともヤノヴィッツさんでした。
    一日目は、オケストラの音量が大きくて、声が届きにくかったのですが、二日目は、歌手からの苦情があったのか、オケストラの演奏が全く変わっていました、指揮者は同じだったんですが、爆〜。
    何年のことだったか、もう忘れていますが〜
    美しい立ち姿のヤノヴィッツさん、それに清らかな声のマルシャリン、今も耳に残っているように思います。
    ミ(`w´彡)

  2. rudolf2006さん、コメントありがとうございます。ヤノヴィッツさんのマルシャリンの実演に行かれたとは! 素晴らしいことですね。しかもウィーンシュターツオーパーですか! 素晴らしすぎます。ヤノヴィッツさんの透き通る歌声、実演に接してみたかったです。きっと素晴らしいマルシャリンだったのでしょうね。

  3. shushiさま、こんばんは。
    無事、手に入れることが出来て何よりです。
    貴重なメンバーによる音源ですので、私も大事にしたい一組です。
    ご指摘のとおり、ヤノヴィッツさんの声はしっかりしてますね。
    私も彼女の違う一面を見た思いです。
    そして、rudolfさんのコメントを拝見して思い出しましたが、私もウィーンの引越し公演を観てました。
    でも、マルシャリンは、バレンボイムのイゾルデのヨハンネ・マイヤーでした。ハンス・ゾーティンのオックスが素晴らしかった記憶があります。
    指揮はシュナイダーでした!

  4. yokochanさん、コメントありがとうございます。おかげさまで入手できました。本当にありがとうございます。yokochanさんも、ウィーンの引っ越し公演にお見えになったのですね。すばらしいです。私ももっと聴きに行かないといかんですね。また刺激をいただきまして、ありがとうございます。シュナイダーとは、ペーター・シュナイダーですよね? 来年の一月にシュナイダーが「ばらの騎士組曲」を日本で振るようです。

コメントを残す