黄昏れる神々の集う映画

「リング」に登場する神々とは、貴族階級ではないか、という仮説。
ジークフリートがはけたあとの新宿駅で、この仮説に思い当たったときに、ひとつの映画を思い出していました。
それは10年近く前に恵比寿で見た映画でした。第一次世界大戦後のイギリス貴族の屋敷を描いた作品で、あの中で、時代が変わり行く中で貴族たちが商売に手を出して失敗したり、遺産目当てのおべっかを使ったり、といった、貴族たちの没落の様子が描かれていたのです。
でも、どうしても題名が思いつかなかった。それが3月14日の夜のこと。
昨日の帰宅後、ブログを書いていて、どうにもその映画のことが気になったのですが、なかなか思い出せませんでした。監督の名前も思い出せない。
それで、うちの奥さんに聞いたんです。
私:「あのさあ、貴族の屋敷に集まって、主人と使用人の立場をコントラストにした映画って、なんだっけ?」
奥さん:「え、それ「ゴスフォードパーク」のこと?」
私;「そうそう、それだ。すごいね、よくわかったね」
奥さん:「だって、今衛星放送でやってるよ」
私はあまりの偶然に言葉も出ませんでした。テレビをつけたら、やってる。「ゴスフォードパーク」。
マジですか。。。
すごいシンクロニシティです。運命的なものを感じました。
奥さんは、夕食作りながら、キッチンの小型テレビで見ていたんですね。ですので、後半は二人で食事を食べながら見ていました。私の仮説の話しをすると、奥さんが前半部分で、「貴族たちは自分を神だと思っている」という意味のセリフがあったと教えてくれました。まさに私の仮説と一致する符号でした。録画をしていたので、さっき確認しました。確かにそう言うセリフがありました。
「ゴスフォードパーク」では、けだるい貴族の集まりの最中、当主が殺されるというのが本筋の物語。まあ、犯人探しはひとつの謎なのですが、それだけがこのストーリーを牽引しているのではありません。その周りにいくつもいくつも置かれた多様で豊かなエピソードがストーリーを肉付けしてよりいっそう味わい深く意味深いものとしています。
映画館で見たときもかなり見ごたえがありました。奥さん曰く、さすがに料理作りながら見られるほど簡単な映画ではなかったとのこと。そのとおりだと思います。
そう言えば、「ゴスフォードパーク」で殺される当主は、従業員の女性達と関係を持って、生まれてきた私生児たちを施設に入れた、という設定でした。まるでヴォータンのようです。
さて、「リング」のほうですが、ブーレーズがバイロイトで振った演奏の音源を手に入れました。早速iPodに入れて、「神々のたそがれ」を聞き始めました。

0

Movie

Posted by Shushi